日本人女性アニメ監督を応援!米国アカデミー賞ノミネートでクラウドファンディング

企業ニュース

 米国映画界を彩る賞レース。そのグランドフィナーレともいえる第90回米国アカデミー賞が3月5日に、ハリウッドの真ん中にあるドルビー・シアターにて開催される。
 このなかで日本人の女性監督による作品がノミネートされているのはご存知だろうか? 短編アニメーション部門5つの候補のひとつとなった『Negative Space』だ。日本人のアーティストである桑畑かほると米国人のマックス・ポーターが共同監督を手がけている。フランス作品としてノミネートであるため見落としがちだが、日本人の女性監督としては初の米国アカデミー賞ノミネートなのである。

 そんな監督たちのアカデミー賞授賞式参加を支援するクラウドファンディングが、このほど日本のMotion Galleryで立ちあがった。アカデミー賞ノミネートとなれば、誰でも授賞式参加、レッドカーペットを歩けると思いがちだが、交通費から宿泊費、さらに授賞式の衣装まで自前だ。このための特別な出費は少なくない。
 そこで両監督の友人が、少しでも応援したいと始めたのが今回のクラウドファンディングだ。集まった資金は、授賞式とその前後の行事のための費用として監督に送られる。さらに予想を超える金額集まれば、監督たちの次回作の制作に役立てて欲しいとする。

 目標金額は35万円だが、2月18日現在ですでに目標を上回り42万円を超える資金がよせられている。多くの人が、監督と作品を応援している。支援はMotion Galleryで3月2日まで受け付ける。
 そしてもちろん当日は、ノミネート作品のなから最優秀賞も発表される。さらなるサプライズも期待したい。

Motion Gallery
「オスカーノミネート「Negative Space」の桑畑&ポーター両監督を応援!
わたしも授賞式へ連れて行って!!」

https://motion-gallery.net/projects/Oscar_RuandMax

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ラディアン スタッフ
     2018年10月からNHK Eテレで、テレビアニメシリーズ『ラディアン』の放送がスタートする。空か…
  2. Anime Expo2018
    ■ エキビジョンホール、ファンの財布が緩む理由は?  見どころの多いAnime Expoではあ…
  3. Anime Expo2018
    ■ 参加人数11万人以上、延べ35万人 全米最大のAnime Expo  この夏、3年ぶりに…
ページ上部へ戻る