東映アニメがアナライズログと資本業務提携 YouTube活用で新ビジネス目指す

提携

 国内大手のアニメ製作会社東映アニメーションが、YouTubeを使った作品プロモーションとビジネス強化に動く。このほどYouTube活用の戦略構築やエージェント事業を展開するアナライズログと資本業務提携を行ったことを明らかにした。
 アナライズログが持つYouTubeやSNSの戦略的な活用のノウハウを中心に国内外で協業する。テレビ、映画、映像ソフトに続く重要メディアとなった配信・SNSの積極的な活用を目指す。

 アナライズログは2018年5月に設立。創業者チームにはGoogle/YouTubeやavex、みずほ銀行など多方面で実績を積んできたメンバーが集まる。YouTubeを活用したタレントの新しいビジネス構築や、アニメをはじめとした日本コンテンツのデジタル戦略作成や運用サポートをする。
 主要事業のひとつになるエージェント業務では、これまで多かった事務所専属型ではなくクリエイターファーストの新たなシステムを目指す。すでに複数の国内有力YouTuberとエージェント契約を締結している。また米国・フォーブス 誌にて世界一稼いだYouTuber として取り上げられたキッズYouTuberが活躍するRyan’s Worldの日本エリアにおけるエージェント契約も結んでいる。
 
 東映アニメーションはアナライズログと提携することで、映像プラットフォームで自社作品のファン拡大を狙ったプロモーション施策を実施する。アナライズログはキッズをターゲットとした配信番組、YouTuberとの連携を得意としている。キッズ作品が多い東映アニメーションと、こうした分野での連携も期待出来そうだ。
 さらに東映アニメーションは、YouTube などの映像プラットフォームを最初のウィンドウとする新規アニメの開発も目指すとしている。また映像プラットフォームを活用した新規ビジネスモデルの構築も視野に入れる。
 
 国内では近年、アニメ分野でも映像プラットフォーム視聴が急激に影響力を拡大している。とりわけ低年齢層では、無料視聴出来るYouTube などの制作者投稿型のプラットフォームが人気だ。すでにYouTubeでの配信からスタートするアニメも次々に現れている。
 またYouTubeであれば、世界同時配信などグローバルへのアプローチもこれまでより容易になる。アニメでも今後ますます活用が増えると見られるなかで、東映アニメは有力なパートナーを得たかたちだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
ページ上部へ戻る