アニメのデジタルアート所有権管理「Anique」にアカツキがベンチャー出資

「Anique」

 ブロックチェーンを利用したデジタルアートの真贋を見極める証明技術に注目が集まっている。アニメ業界では2019年になり、キャラクターを用いた限定デジタルアートのブロックチェーン活用がいくつか試みられるようになった。
 その先頭を走るAnique株式会社(アニーク)に、ゲーム開発・運営のアカツキグループのベンチャーキャピタルが出資することになった。このほどAniqueが実施したシードラウンドにアカツキ系の「Heart Driven Fund」が参加した。この資金調達には同ファンド以外にもエンジェルと呼ばれる個人投資家も参加している。

 Aniqueは、アニメやゲーム・マンガなどを題材にしたデジタルアートワークの販売をしている。通常はデジタルというと品質を落とすことなく、無限にコピー出来ると思われがちだ。しかしAniqueではブロックチェーン技術を活用しアートワークの購入を記録することで、その人だけが所有する一点であることを証明する。限定モノや、自分だけに拘るファン心を掴んだ新ビジネスだ。
 Aniqueは2019年5月よりサービスを開始し、これまでに『進撃の巨人』、『serial experiments lain』『STEINS;GATE』、『魔法使いの嫁』、『ロボットガールズ』の5作品を扱った。いずれも熱烈なファンが多い作品でもあり、多数の応募が集まった。その反響の大きさは、業界からも注目を集めている。今後はさらに大きなビジネスに成長する気配だ。

 アカツキはゲーム開発・運営のほかにベンチャー・クリエイター投資に力を入れている。「Heart Driven Fund」は、スタートアップ段階の企業やアーティスト、クリエイターに投資して事業サポートを行う。今回はAniqueと同社が手がけるブロックチェーン技術を利用したデジタルアート証明の将来性に目をつけた。
 Aniqueは2019年3月に代表取締役の中村太一氏らが設立、5月より事業をスタートしている。立ち上がりからまだ日は浅いが、今後は今回調達した資金も含めてデジタルアートの二次流通プラットフォームの開発・構築を進める。流れの早い分野だけに、今後の取り組みと展開は目が離せなさそうだ。

Anique株式会社(アニーク)
https://anique.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
  2. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  3. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
ページ上部へ戻る