テレビ東京 池袋からライブ発信開始、講談社開発の新拠点で

講談社がライブエンタテインメント施設運営

 2019年10月30日、地上波キー局のテレビ東京が、ライブエンタテイメントに乗り出すと明らかにした。先頃、講談社が発表した東京・池袋のライブエンタテイメント事業にパートナー企業として参加するというものだ。
 このライブエンタテイメント事業は、4つのスクリーンを収容していた池袋駅東口サンシャイン60通りに面する旧シネマサンシャイン池袋を活用するものだ。講談社は地下2階地上9階の建物の1~3階部分を除いた2810㎡をこのプロェクトのために使用する。
 すでに2020年春に開業予定であることを公表していた。パートナー企業は今後発表としていたが、そのひとつがテレビ東京であるというわけだ。

 テレビ東京のプロジェクトは詳細は明らかでないが、今回の事業で恒常的にイベントができる環境を構築し、番組コンテンツを活用したイベント開発を強化するとしている。
 テレビ東京は、人気アニメを多数放送していることで知られている。また池袋はアニメファンに馴染み深いエリアだ。同局が実施するライブイベントには、アニメ関係のプログラムも期待出来そうだ。テレビ東京のアニメ事業は、近年ますます拡大している。同日発表された2020年第2四半期決算ではアニメ事業の売上高は前年同期比19.4%増の過去最高。事業の多角化でさらに、アニメ分野のビジネスの深化目指す。

 池袋のライブエンタテイメントは、ビル全体を統一したコンセプトでシアターやライブスペースなどの 4 つのホール、物販エリア、コラボカフェなどで構成する。マンガ、小説、アニメ、ゲーム、アーティスト、役者、声優、ユーチューバーが活躍する空間になる予定だ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る