アニメーション制作ソフトのToon Boom 事業強化で東京オフィス移転

Toon Boom Animation

 アニメーション制作ソフトウェアの「Harmony」や「Storyboard Pro」「Producer」でお馴染みのToon Boom Animationが、日本市場の開拓を積極化している。その一環として日本支社を東京・四谷に移転した。
 新オフィスの目的は、ユーザーとより密にコミュニケーションをとるためだ。社内に「Harmony」や「Storyboard Pro」の体験スペースを設ける。今後は6~10名を対象にしたソフトの習得のためのトレーニングやイベント、セミナーなどを定期開催する予定だ。

 Toon Boomは1994年にアニメーション制作ソフトウェアの開発を目的に、カナダのモントリオールで設立された。アニメーション・CGの統合制作の「Harmony」、絵コンテ制作の「Storyboard Pro」、プロジェクト進行管理の「Producer」を主要ソフトとして展開している。
 いずれも2Dアニメーション制作に強みを発揮しており、北米だけでなく、ヨーロッパやアジアのトップクリエイター、スタジオをはじめ幅広く活用されている。しかし、これまで日本では世界各国に較べると普及が遅れていた。

 一方で近年、日本では2Dアニメーションへのデジタル導入が急激に進んでいる。ここにToon Boomは新たなビジネスチャンスを感じているようだ。 「Harmony」だけでなく、デジタルでの絵コンテ制作で威力を発揮する「Storyboard Pro」、さらに国内で導入が遅れている本格的なプロジェクト管理のための「Producer」は特に注目されそうだ。

Toon Boom Animation Inc.
https://toonboom.co.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る