アニメ音楽ライブ市場前年比10%増で200億円突破、ぴあ総研発表

ぴあ総研

 アニメ音楽や声優のライブイベントが引き続き拡大している。音楽やステージのライブエンテイメントの調査会社ぴあ総研は、このほど2018年の関連市場規模を発表した。
 ぴあ総研によれば、2018年1月から12月までに実施されたアニメ音楽と声優ライブの公演チケットの売上げは推定で200億円だった。期間中に発売されたチケット価格の販売金額から算出した。

 市場規模は2017年の181億円から10.5%増であった。期間中の公演回数は1784回(前年1684回)、動員数は265万人(6.4%増)である。動員数より市場規模の伸びが大きいのは、チケット単価が上昇した可能性が高そうだ。
 2018年は約10%の伸びであったが、アニメ音楽ライブの市場は近年急成長を続けている。5年前の2013年は72億円の2018年のおよそ1/3程度に過ぎなかった。

 2018年の動員数が大きかったのは、『ラブライブ!』『THE IDOLM@STER』など、当初より音楽やアイドルとの連動が意図されたアイドルアニメ関連だ。いずれもドーム規模の会場を使用するなど、動員力の大きさが窺われる。
 また複数のアーティストが出演するアニメ音楽フェスティバルも大きな動員を誇っている。「Animelo Summer Live」はさいたまスーパーアリーナを会場に3日間で8万1000人、キングレコードのアーティストが集結する「KING SUPER LIVE」は東京ドームを会場に3万7000人が参加した。

 とはいえ2018年の国内音楽ライブの市場全体規模は、3875億円ある。アニメ関連は全体の5%に過ぎない。また伸び率も市場全体の11.8%を下回っている。市場全体の3割程度を占める映画興行や、映像ソフトのアニメシェアと比較すれば、音楽ライブエンテイメント分野はまだ開拓の余地はありそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る