国内ライブエンタメ市場5151億円 会場不足を乗り越え過去最高に

音楽

 コンサートやライブ、舞台などのライブエンタテイメント市場が、再び成長軌道に乗りつつあるようだ。ぴあ総研は、2018年8月31日に2017年度のライブ・エンタテインメント市場規模を発表した。これは国内の主要な音楽・イベント・公演団体及び関連企業からなるライブ・エンタテインメント調査委員会に委託により実施したものである。
 ぴあ総研によれば、2017年度のライブ・エンタテインメント市場規模は、前年比2.7%増である。これは調査を開始した2000年以降で最高の金額となる。このうち音楽ライブは3466億円(2.8%増)、ステージ公演は1685億円(2.6%増)だ。
 また動員数は6869万人の3.5%増である。公演回数は前年比1.9%減だが、1公演当たり動員数が増加した影響が大きかった。

 長らく成長を続けていたライブエンタテイメント市場だが、2016年には5年ぶりにマイナス(2.0%減)となっていた。これは横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナなどの大規模会場が改修で相次ぎ、公演の回数が抑えられていたためだ。需要の高さに会場の数が追いつかない「ライブ会場不足問題」が直撃したかたちだ。
 2017年はそうした影響を乗り越え再び伸び始めている。2016年だけでなく、その前年2015年も超え過去最高となった。

 ぴあ総研では、すでにアニメ・マンガ・ゲームなどから派生する2.5次元ステージも算出している。こちらの2017年1月から12月までで156億円のチケット販売があった。ライブエンタテイメント全体の3%程度のマーケット自体は必ずも大きいわけでない。
 しかし注目されるのは、伸び率の高さだろう。前年比で20%超の拡大で、5年前の倍以上である。公演タイトル数も、2010年前後の30本台から2017年には171本になった。さらに今回の算出された数字には、購買単価が極めて高いとされる会場物販や、急激に普及するライブビューイングは含まれていない。今後も注目のジャンルと言っていいだろう。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭
     2018年11月2日から5日まで、4日間にわたり開催される新千歳国際空港アニメーション映画祭の関連…
  2. 第31回東京国際映画祭
     2018年9月25日に、東京港区・虎ノ門ヒルズメインホールにて、第31回東京国際映画祭ラインナップ…
  3. 広島国際アニメーションフェスティバル
    津堅信之(アニメーション研究/日本大学藝術学部講師)   (1) 日本ゼロのコンペティション …
ページ上部へ戻る