韓国・ソウルの「進撃の巨人」展、ベンチャーキャピタルの日本アジア投資が出資


 日本でも人気の高い人気マンガ『進撃の巨人』の魅力をファンに届ける企画展「『進撃の巨人展FINAL』 in SEOUL」が、韓国・ソウル市で開催されている。若者向けのショップが集まるAKプラザを会場に現地でも大人気だ。
 イベントは2014年から2015年にかけて日本国内を巡回した「進撃の巨人展」をスケールアップしたものである。これまでサウジアラビア、シンガポール、台湾、インドネシアを巡回し、いよいよ韓国での開催となった。日本で盛んなマンガやアニメの展示イベントを大規模に海外展開する意欲的な試みである。

 この韓国展の運営の枠組も、新しいかたちになっている。主催は日本のエンタテイメント企業ぴあの子会社ぴあグローバルエンタテインメント、シンガポールのエンタテイメント会社SL Experiences、そして日本アジア投資とポグァン・インベストメントの4つとなっている。韓国のエンタテインメント会社のWAYSBEがこれに協力する。
 注目されるのは、日本アジア投資とポグァン・インベストメントがそれぞれ日本と韓国のベンチャーキャピタルである点だ。日本アジア投資は日本の老舗のベンチャーキャピタルで、通常は成長を見込める企業への直接投資が多い。ポグァン・インベストメントもスタートアップやコンテンツ、テック企業への出資をする。今回は人気マンガの大型イベント自体に対するプロジェクト出資となる。日本をはじめ他国での実績から収益性があると判断し投資したとみられる。

 日本アジア投資は今回の取り組みについて、ぴあグループの持つエンタテインメントに対する知見や業界経験とネットワークを日本アジア投資のアジアでの投資経験と資金調達能力を組み合わせるものだとする。透明性が高いガバナンスの効いた資金調達スキーム構築をプロジェクトのなかで活かす。
 またこの分野に進出については、エンタテインメント産業は大きな成長が期待されており、成長を支えるための資金や海外展開支援のニーズが大きくなると予想するためと説明する。「進撃の巨人展 FINAL in SEOUL」への投資参画だけでなく、今後もエンタテインメント作品の海外展開のプロジェクトを順次進めていく方針だ。

進撃の巨人展FINAL in SEOUL
https://aotkorea.modoo.at/?link=6p16esoc

【主催】
日本アジア投資、ぴあグローバルエンタテインメント
Bokwang Investment Corp、SL Experiences Pte. Ltd.
【製作】
WAYSBE Inc.

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る