「トムス・アニメ夏まつり」 トムスとKADOKAWA、3週間上映イベント共同開催

トムス・アニメ夏まつり 2019

 東京ムービー以来の歴史を引継ぎ今年で55周年を迎えたトムス・エンタテインメントのアニメが、新しい試みに積極的だ。7月10日には、50年近い歴史を持つ『ルパン三世』アニメシリーズの初のCG映画『ルパン三世 THE FIRST』の製作を発表した。長年の傑作を新しい映像と技術で送り出す。
 2019年7月19日から8月8日まで東京・新宿で開催される「55th ANNIVERSARY トムス・アニメ夏まつり 2019」も、そのひとつかもしれない。アニメ専門の映画館EJアニメシアター新宿で3週間にわたり、トムス・エンタテインメンの作品を連日上映する。

「トムス・アニメ夏まつり 2019」のラインアップが豪華だ。『名探偵コナン』や『ルパン三世』といった長年続くビッグタイトルだけでなく、70年代から80年代、90年代を彩った懐かしの傑作、幅広い世代が楽しめる近年の人気作が並ぶ。トークショー付の上映も用意する。
 高畑勲の演出、宮崎駿が脚本の『パンダコパンダ』『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』の2本立て、出﨑統監督の代表作『冒険者たち ガンバと7匹のなかま』『エースをねらえ! 劇場版』『あしたのジョー2 劇場版』、また女の子から熱い支持を集めた『魔法騎士レイアース』や『怪盗セイント・テール』と是非押さえておきたい傑作、あらためて観ておきたい作品が並ぶ。若い世代には『まじっく快斗』オールナイト全話一挙上映が話題を呼びそうだ。
 EJアニメシアター新宿ならの、カフェスペースを活用した企画も用意される。カフェは上映作品をコンセプトにし、作品の関連展示も実施する。

 EJアニメシアター新宿は映画鑑賞とカフェ、ギャラリーを組み合わせて、アニメを多面的に楽しむ複合施設の映画館として2018年12月にスタートした。この4月・5月にはその空間をいっぱいに活用した「トンコハウス映画祭」が話題を呼んだばかりだ。
 今回はトムス・アニメ55周年を盛り上げる。イベントをトムス・エンタテインメントとKADOKAWAで共同主催するのも新しさを感じさせる。多くの傑作を持つトムスはすでに大きなブランドだが、長期間の企画上映は、それをさらに確かなものにする狙いがありそうだ。

「55th ANNIVERSARY トムス・アニメ夏まつり 2019」
https://ej-anime-t.jp/shinjuku/news/tms-anime-natsumatsuri/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  2. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  3. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
ページ上部へ戻る