「サマーウォーズ」公開から10年 仮想空間”OZ“をpixivが再現

OZ on VRoid powered by pixiv

 日本の地方の大家族が、ネット上に構築された仮想空間で世界を守るために戦う。2009年に劇場公開された細田守監督の映画『サマーウォーズ』だ。作品誕生から10年経つが、ソーシャルメディアは生活インフラとしてますます重要になり、現実は『サマーウォーズ』に描かれた世界に近づいている。
 そうしたなかで『サマーウォーズ』公開10周年として、2019年7月に特別企画「OZ on VRoid powered by pixiv」が開催されることになった。細田作品をプロデュースする株式会社地図とグローバル規模のイラストコミュニケーションサイトを運営するピクシブが協力して実現する。
 スタジオ地図は2019年を公開10周年として、「UPDATE」をテマに「スタジオ地図 in Summer 2019『サマーウォーズ』10周年プロジェクトを進めている。様々なプロジェクトが仕掛け、「SUMMER WARS OZ on VRoid powered by pixiv」は目玉のひとつだ。本ッリースは日本テレビでの放送合わせてのスタートになる。

 「OZ on VRoid」は、ピクシブが開発するスマートフォンアプリ「VRoidモバイル」を活用したものになる。自身で3Dアバターを作って、ネット上に再現された仮想世界「OZ(オズ)」を体験できるものとなる。「VRoid」は今年7月にリリース予定で、誰もが自身の3Dアバターを持っているというシステム。これが『サマーウォーズ』に登場する仮想世界「OZ」とつながることから、今回の企画となった。
 アバターや仮想空間の構築は、企画・制作をピクシブ、監修をデジタル・フロンティアが担当する。デジタル・フロンティアは『サマーウォーズ』をはじめいくつもの細田作品のデジタルパートを手がけてきただけに、ここも期待したいところである。

 また今回注目されるのは、特別企画が世界規模のプロジェクトになっていることだ。「OZ on VRoid」は日本語バージョンのほかに、英語バージョンも用意される。
 さらにプロジェクトの情報もフランス・パリで開催中のJapan Expoにて発表された。Japan Expo2019ではスタジオ地図とピクシブが共同ブースを出展するほどの力の入れようだ。7月4日のデモ映像公開も、このパリでの発表に合わせた。同時期に米国ロサンジェルスで実施されているAnimeExpo 2019でも「OZ on VRoid」紹介されている。
 もともと海外でも人気の高かった細田守監督だが、昨年公開の『未来のミライ』が米国アカデミー賞にノミネートされるなど、さらにグローバルでの知名度が挙がっている。監督の海外での活躍が、こうした世界規模のプロジェクトを可能にした。

「OZ on VRoid powered by pixiv」特設サイト
https://vroid.com/special/summer_wars

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 「NEW MOTIONーthe Next of Japanese Animationー」
     世界最大規模の国際アニメーション映画祭であるフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で、今年大規…
ページ上部へ戻る