東映、第1Qは減収減益 興行好調も映画事業低調

ファイナンス決算

2016年8月12日、大手映画会社の東映が2017年3月期第1四半期の決算を発表した。連結業績は減収減益とやや厳しいスタートとなった。売上高は283億8600万円(6.4%減)、営業利益は32億5100万円(22.6%減)、経常利益は43億2900万円(18.2%)である。四半期純利益は23億200万円(13.4%)。

好調であったのは、シネコン運営のティ・ジョイを中心とした興行関連事業である。売上高は46億6700万円(7.3%増)、営業利益も3億8100万円(16.3%増)と増収増益だ。ティ・ジョイは国内205スクリーンを保有するが、映画市場全体の好調を追い風にしたようだ。
一方、映像関連事業は弱含んだ。コンテンツ事業は、アニメの海外向けの映像配信権販売、「ワンピース」と「ドラゴンボール」シリーズのゲーム化権の販売が好調だった。しかし、映画配給など映画事業、DVD販売などのビデオ事業も含めると売上高は176億6800万円(4.6%減)、営業利益は23億7400万円(22.6%減)となった。
また観光不動産事業は売上高、利益とも微増、催事関連事業と建築内装事業は減収減益、とりわけ建築内装事業の下げが厳しかった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る