楽天がハリウッド映画に投資 日本で映画配給会社も共同設立

映画ビジネスのニュース

 ネット企業大手の楽天が、映画事業、しかもハリウッドビジネスに進出することが明らかになった。2019年5月19日、楽天は米国ロサンゼルスの映画会社The H Collective, Inc.がプロデュースする2本の映画『Brightburn』と『xXx 4』に出資したことを明らかにした。
 また両社は共同出資で、日本で映画配給会社を設立する。ハリウッド発の映画を協力して、日本で公開する。楽天にとってはハリウッド映画製作への進出、国内では映画配給事業に進出と、同時に二つのチャレンジとなる。

 The H Collectiveは2017年に設立されたばかりだが、グローバル規模で映画の資金調達や制作、マーケティング、配給を手掛ける。規模は決して大きくないが勢いがあり、『Brightburn』が世界規模で手がける初作品となる。
 『Brightburn』はジェームズ・ガンがプロデュース、サム・ライミ版『スパイダーマン』などで知られるエリザベス・バンクスが主演するホラー映画。米国ではソニー・ピクチャーズが配給する。また『xXx 4』はヴィン・ディーゼル主演の「トリプルX」シリーズ4作目で、アクションたっぷりの映画だ。

 さらにもう一本劇場アニメーション映画も予定している。こちらの作品は『Spycies』で、擬人化された動物のエージェントが活躍するスパイアクションもの。フランスのギヨーム・イヴェルネルが監督を務めた。The H Collectiveが出資するほか、中国の動画配信プラットフォーム大手のアイチーイーがプロデュースする。
 近年日本では、ディズニー、ピクサー、イルミネーション以外のスタジオのアニメーション映画公開が少なくなっている。楽天とThe H Collectiveの新会社は、日本での海外アニメーションの配給拡大にも貢献しそうだ。

 国内の映画配給は、東宝とそのグループ会社が大きな力を持っている。海外映画会社でもディズニーとワーナー以外の配給は苦戦している。楽天はこの厳しい競争に参入することなる。
 国内展開あたっては、楽天が提供している様々なサービスと連携することで差別化する方針だ。ネットの大手企業がいかに映画業界で戦うのか? それも大きな関心を集めそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る