プロダクションI.Gがジーベックを吸収合併 24年の歴史を閉じる

企業ニュース

 アニメ製作の持株会社IGポートは、連結子会社同士の合併を発表した。2019年6月1日付でグループ会社のプロダクションI.Gが、同じくグループ会社であるジーベックを吸収合併する。共に長年、アニメーション制作を手がけてきた。
 IGポートは複数のアニメーション制作会社を持つが、両社の合併後は同社のグループアニメーション制作会社は3つになる。プロダクションI.Gとウィットスタジオ、そしてシグナル・エムディである。

 ジーベックは1995年に設立。中堅のスタジオとして『機動戦艦ナデシコ』、『蒼穹のファフナー』、『To LOVEる -とらぶる-』などの人気作品を世に送り出してきた。近年も『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』といった作品の制作をしている。
 しかし経営面では長期間赤字が続くなど、苦戦していた。このため2018年11月に、事業継続と発展を念頭にアニメーション制作事業の売却、サンライズへの移管が決定された。すでに事業の大半はサンライズの新設会社SUNRISE BEYONDに移されている。

 また仕上部門はシグナル・エムディが引き継いでいる。プロダクション I.Gはジーベックが制作途中であった『蒼穹のファフナー THE BEYOND』の制作を、IG zweiのスタジオで継続する。吸収合併でジーベックが保有する過去作の著作権もプロダクションI.Gが引き受けることになる。
 合併の実施を6月1日としたのは、プロダクションI.Gとジーベックの決算が5月31日であるのに合わせたとみられる。これにより24年間続いたジーベックは、歴史の幕を閉じることになる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る