日本動画協会の新会員に株式会社5(ファイブ)大阪と台湾に拠点を持つアニメスタジオ

株式会社5

 一般社団法人日本動画協会は、2019年4月1日付で大阪に本社を置くCGアニメスタジオの株式会社5(ファイブ)が準会員として入会したことを発表した。これにより日本動画協会の正会員36社、準会員42社の合計78社となる。
 またこれまで準会員であったグラフィニカが正会員に、正会員であったゆめ太カンパニーが準会員に移動した。ゆめ太カンパニー(当時TYOアニメーションズ)は、2017年11月にグラフィニカの子会社となっている。今回の異動は親会社と子会社の逆転状態に対応したかたちだ。

 株式会社5は2017年2月に、CGI監督として経験豊かな本多真氏が立ち上げたCGアニメスタジオ。本田氏は『SHORTPEACE「武器よさらば」』、『ガッチャマンクラウズ』、『牙狼<GARO>炎の刻印』ほか多くの作品でCGI監督を務めた。
 スタジオの戦略はシンプルかつユニークだ。まず本社を東京圏でなく、大阪に置く。さらにCG制作の現場は台湾の現地法人の五號影像有限公司 Studio5である。これまで培った経験をもとに台湾から日本クオリティのCGアニメを送りだす。
 日本動画協会にはこれまでも米国系のクロンチロール、中国系の絵梦、星律などが加入している。いずれも海外企業の日本法人との位置づけだ。
 株式会社5は日本に本社を持ち、制作拠点を台湾とする新しいかたちのグローバル企業である。様々なかたちで国際化が進む、現在のアニメ業界を体現する企業と言えそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
  2. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  3. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
ページ上部へ戻る