ポニーキャニオン第3四半期は減収赤字 非パッケージ事業シェアが拡大

ファイナンス決算

 2019年2月5日にフジ・メディア・ホールディングスは、2019年3月期第3四半期の決算を発表した。このうちメディア・コンテンツ事業に属する映像音楽事業会社のポニーキャニオンは、引き続き減収赤字となった。
 売上高は243億6000万円(2.4%減)、営業損失は2億1900万円である。損失は計上したものの損失幅は前年同期の4億1900万円より改善した。在庫の廃棄損や評価損が減少するなど、これまで進めてきた原価のコントロールの成果が現れたかたちだ。

 しかし映像パッケージ部門が厳しくかったことから、売上高は微減だった。イベントやチケット・グッズ販売、さらに音楽と映像両方の配信は好調だった。映像部門の減少を補った。
 この結果、売上げ全体に占めるブルーレイ・DVD・CD以外の事業ノンパッケージ部門のシェアが拡大した。ノンパッケージの拡大は近年の特長になっている。同業大手のエイベックス・ピクチャーズでも、ノンパッケージ事業のシェアが急拡大しており、映像音楽業界の共通のトレンドのようだ。
 第3四半期までは赤字であったが、大ヒットになった映画『劇場版コード・ブルー』のブルーレイとDVDのBlu-ray・DVD発売が第4四半期に予定されている。この売上げが期待できることから通期の黒字化と増益を目指す。

 イベント関連では、同じフジ・メディア・ホールディングスのグループ広告会社クオラスが増収増益だった。売上高は351億4500万円(8.4%増)、営業利益は5億6100万円(38.9%増)。イベント受託や広告制作が好調としている。
 フジ・メディア・ホールディングス全体では、連結売上高が4485億2900万円(6.5%減)、営業利益が216億7900万円(7.2%増)、経常利益は275億8200万円(2.8%増)、当期純利益は154億4400万円(19.1%減)だった。期中にあった『劇場版コード・ブルー』、『万引き家族』の映画のヒットも貢献した。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る