ポニーキャニオン通期 パッケージ振るわず減収減益 ライブや海外販売でカバー

ファイナンス決算

 国内映像音楽事業の大手ポニーキャニオンの2017年3月期決算は減収減益となった。2017年5月11日に発表されたフジ・メディア・ホールディングスの決算と合せて公表された。
 売上高は前年比4.7%減の339億3700万円、営業利益は2億2500万円(72.9%減)であった。黒字は維持しているが、音楽部門、映像部門が不振だった。
 一方で、イベントコンサートのチケット収入やグッズ収入、そしてアニメの海外ライセンス収入が好調となった。CDやDVD、Blu-rayの落ち込みを、ライブ事業や海外向け事業でカバーしたかたちだ。

 2017年3月期は、アニメでも大型タイトルに欠けたことも響いていそうだ。今期(2018年3月期)は、4月より『進撃の巨人』のシーズン2が放送を開始している。『進撃の巨人』はポニーキャニオンの製作委員会への出資比率も大きく、配信やグッズ販売、音楽の関連事業の収益に期待かがかかる。7月からは竹内友のマンガを原作とした『ボールルームへようこそ』も大型作品となる。今後もアニメ製作での幅広い権利の取得強化、収益の多角化を目指す
 今期は実写映画も、好調なスタートを切っている。ギャガと共同配給する海外映画『ラ・ラ・ランド』が40億円を超える大ヒットになっている。今後は配信やパッケージの売上も見込まれる。
 
 放送局系の映像音楽会社では、日本テレビホールディングスのグループ会社バップの決算も明らかになっている。5月16日の日本テレビホールディングスの決算で公表された。
 売上高は141億8900万円と前年比で33.8%減と大きく減少している。こちらもパッケージの売上が減少したとする。今期もパッケージ販売は減収を見込んでおり、同事業については厳しい状況が続きそうだ。一方で営業利益は8億9700万円(149.2%増)と、利益面では好調であった。ビジネスの多角化が進んでいることを感じさせる。
 今後は各社とも、映像音楽パッケージのみに依存しないビジネスモデルの構築が、進展しそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る