ギャザリングとドメリカのジョイント会社に個人投資家が1億7800万円出資

ファイナンス決算

 アニメ企画・制作のギャザリンホールディングの関係会社であるモンスターズエッグ株式会社が、第三者割当増資を実施。個人投資家の片山晃氏が新たに主要株主になった。片山晃氏は株式投資などを通して、小さな元手でから数十億円単位の資産を築いたとして著名だ。
 モンスターズエッグは2018年10月に第1回第三者割当増資を行い、片山晃氏が1億7800万円で引き受けた。同社の資本金は2億円となった。

 ギャザリンホールディングは2009年に、GDHやDLEなどでコンテンツビジネスの経験がある戸田和宏氏が設立。アニメーション制作やプロデュースなどを行う。
 ギャザリング、Karasfilms、レスプリといったグループ制作会社を抱えるほか、2016年にはアニメーション制作のドメリカとも資本・業務提携を結んでいる。
 モンスターズエッグはそのドメリカと共に、2018年9月に設立されたばかりの会社である。今回は個人投資家の出資を得ることで資本力を増強し、VTuber事業やフル3DCGアニメーション事業を展開する。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
  2. TIFFCOM 2019
    ■中国大幅増で、出展団体過去最多  国内最大の映像コンテンツの国際見本市となるTIFFCOMとTI…
  3. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
ページ上部へ戻る