木下グループ 映画興行のグループ会社kino cinémaを設立

企業ニュース

 木下グループが、新しい映画事業のグループ会社を立ち上げた。2018年10月4日付で株式会社 kino cinémaを設立した。資本金は1000万円、取締役会長に木下グループ代表取締役社長の木下直哉氏、代表取締役社長は西嶋祐一郎氏が就任。本社はキノフィルムズなどグループの映画関連会社が集まる六本木に置かれる。
 映画館やアミューズメント施設の開発・運営、飲食店の企画・開発・運営、さらにパンフレットなどの制作・販売とチケットの売買などを事業とする。映画館運営などの興行事業を核にした会社となるようだ。

 木下グループは生活産業企業の一環として、文化事業に積極的に進出している。2003年には映画製作・配給のキノフィルムを設立、多くの映画に製作出資する。アニメでは2017年のテレビアニメシリズ『正解するカド』への出資が話題を呼んだ。
 その後も書籍の出版・販売のキノブックス(2013年)、音楽関連事業のキノミュージック(2015年)を相次いで設立した。
 2018年にはさらに勢いがつき、5月にテレビ番組や映画・アニメーション・イベント企画・制作のプロダクション・キノ、海外事業やライセンス管理のkino internationalが立ち上げられている。併せて国際映画祭「東京フィルメックス」の運営協力も発表した。
 また今年8月には、アニメ製作の福島ガイナックス(現ガイナ)の株式100%取得し子会社化した。アニメ製作、そしてアニメーション制作への進出として注目を浴びた。

 kino cinémaの設立もこうした流れの一環となる。2018年は文化事業のなかでも、とりわけ映像関連へ注力していることが窺われる。映画の企画・製作、出資からライセンス管理に、興行も加わることで、総合的な映画事業グループに近づく。今後、映画やアニメ、放送番組でも木下グループの存在感が増すのかが関心を集めそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る