新房昭之監督「3月のライオン」に、藤田陽一監督「クラシカロイド」も NHK秋番組表公開

「3月のライオン」

NHKは9月21日に平成28年度(2016年度)後半期の番組時刻表を発表した。同局はNHK総合、Eテレビの地上2波、さらにBS1、BSプレミア、スーパーハイビジョン(試験放送)とテレビだけで5チャネルを持つことに加えて、若者視聴者の拡大を狙い、近年ポップカルチャー系の番組を増やしている。アニメ関連番組もそのひとつだけに、アニメファンにも見逃せない。
なかでも今回の目玉となるのは、2016年10月8日より総合テレビで放送開始する『3月のライオン』だろう。羽海野チカの傑作マンガを『魔法少女まどか☆マギカ』や『<物語>シリーズ』のアニメーション制作のシャフトと新房昭之監督が映像化する。総合テレビで週末土曜日23時という注目の集まる時間帯に、作品への期待の大きさが表れている。

同じ10月8日土曜日の夕方17時半からEテレで放送されるのが『クラシカロイド』だ。放送枠や番組紹介からは、『3月のライオン』よりも低い年齢層をターゲットにしていることが分かる。
作品は音楽をテーマにしたアニメと思いきや、意外なストーリー。高校生の歌苗と奏助の前に突如現れたベートーヴェンとモーツァルトはクラシカロイドを名乗り、その奏でる音楽には不思議な力が宿っている……というもの。
破天荒な設定はそれもそのはずで、監督は『銀魂』や『おそ松さん』と、はっちぇけぶりで定評のある藤田陽一。アニメーション制作はサンライズが担当する。先の読めないオリジナル原作だけに、その期待も高まる。

そして9月16日からNHK BSプレミアムにて既に放送をスタートしているのは、『新世紀エヴァンゲリオン』 HDリマスター版である。毎週金曜23時45分から24時14分まで。「あのエヴァがNHKで!」と往年のファンには驚きもあるかもしれない。
何度も観たファンも多いかもしれないが、今回はHDリマスターによる高画質でさらに5.1chサラウンド音声となるだけに、新たな発見や感動もありそうだ。さらに番組の最後には、「エヴァ噺」とタイトルしたミニ番組が加えられる。毎回、異なるジャンルから著名人が登場し、エヴァの魅力について語る。こちらも必見だろう。
アニメ番組の放送では国内有数とされるNHK。アニメを巡る挑戦にも意欲的である。

テレビアニメ『3月のライオン』http://www.nhk.or.jp/anime/3lion/
『クラシカロイド』http://www.nhk.or.jp/anime/classica/
『新世紀エヴァンゲリオン』http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=eva
*いずれもNHKオンラインサイトの番組紹介サイト

関連記事

ピックアップ記事

  1. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
  2. アヌシー映画祭「Tokyo Pitch」
     東京都は地場産業であるアニメの関連企業振興を目指し、このほど情報発信サイト「Tokyo Anime…
  3.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
ページ上部へ戻る