Netflixオリジナル「A.I.C.O. 」「B: The Beginning」バンダイナムコアーツがBD-BOX発売

DVD/Blu-ray

 2018年春にNetflixオリジナルとして登場した話題作『A.I.C.O. Incarnation』と『B: The Beginning』のBlu-ray発売が決定した。
『A.I.C.O.』はBlu-ray Box全2巻、2019年2月26日に第1巻、同3月28日に第2巻がリリースされる。価格はいずれも税抜き1万8000円。
『B: The Beginning』は全12話をワンボックスに収録し、同4月26日に発売。こちらは設定資料集「B: The Animation Works」と書き下ろし小説が同梱される「COLLECTOR’S EDITION」(32000円税抜)と「STANDARD EDITION」(27000円税抜)の2アイテムとなった。同じNetflixオリジナル、バンダイナムコアーツの発売・販売だが、商品構成での対応はふたつの作品で異なるかたちだ。

『A.I.C.O. Incarnation』は、2018年3月9日にNetflixで独占配信されたシリーズアニメ。人工生命体が暴走して近未来の日本を舞台に、中学生の少女・アイコが自身の隠された秘密に迫る。アニメーション制作にボンズ、監督・村田和也といった豪華スタッフで硬派な近未来SFに仕上げた。
 一方『B: The Beginning』は、プロダクションI.Gの製作で監督に中澤一登を起用する力作である。王立警察特殊犯罪捜査課の天才捜査官キース・フリックと凶悪犯罪者ばかりを狙う連続殺人鬼「Killer B」を軸にクライムサスペンスを描く。こちらも3月2日からNetflixで独占配信されている。

 両作品はシリーズ作品であるにもかかわらず、現在までテレビ放送は一切されていない。文字どおりNetflixでしか視聴ができない独占度の高い作品となっていた。アニメ配信時代を先駆ける作品として話題を呼んだ理由である。
 それが配信開始から約1年間で、Blu-rayで登場する。これにより配信以外でも作品を観ることが可能になる。テレビ放送のないオリジナル作品が、ビデオパッケージでどのような反響になるかが注目される。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る