CGWORLDクリエイティブカンファレンス 「シン・ゴジラ」から「虐殺器官」まで、話題のスタジオ集結

アニメーター

「CGWORLD2016クリエイティブカンファレンス2016」が、11月16日に東京・文京区の文京学院大学 本郷キャンパスで今年も開催される。CGのクリエイターに向けたセミナーで、今年で6回目を迎える。
2016年は30以上のセッションと、ASIAGRAPH CGアートギャラリーの展示、書籍展示も実施する。開催に先立って、公式サイトでは各セミナーの参加申込の受付も始まった。参加は無料だが、各セミナー、交流会は事前に申込が必要となっている。セミナーは例年ほとんどが満員になるため、参加をするには早めの申し込みが安心だ。

「CGWORLD2016クリエイティブカンファレンス」は、ゲーム、映像、アニメ、さらにインタラクティブアートまで、ジャンルを超えて学び、交流する場として2011年にスタートした。セミナーはいずれも専門性が高いが、現役のクリエイターは勿論、学生でも気軽に参加できるカジュアルなものになっている。

セミナーは例年、国内の有力スタジオ、話題のスタジオが最新作や技術などを取り上げて、制作のノウハウをレクチャーする。まだ未発表のセミナーもあるが、公式サイトには40セッションが準備されている。各セッションは4つの時間帯に分けて1時間ずつ実施される。同時に複数のセッションが設けられており、最大で受講可能なのは4つまでになる。いずれも魅力的な内容で、どれを選ぶかも悩みそうだ。

アニメーション関係では、『亜人』のポリゴンピクチュアズ、『スナックワールド』のOLM、東映アニメーション、それにスタジオコロリドや劇場アニメ『虐殺器官』を手がける新設のジェノスタジオが参加する。白組の「映画「シン・ゴジラ」メイキング」は話題を呼びそうだ。
勿論、ゲームや実写、VR、さらに今後期待されるあらたなかたちのコンテンツまで、多彩な分野に広がっている。CGの最新情報をいっきに学ぶよい機会になるに違いない。

CGWORLD2016クリエイティブカンファレンス2016
http://cgworld.jp/special/cgwcc2016/

2016年11月6日(日)13時~18時半(受付開始 12時)
(19時~20時半に交流会を予定)
場所: 文京学院大学 本郷キャンパス
参加費: 無料(事前登録要)
主催: ボーンデジタル/文京学院大学 コンテンツ多言語知財化センター
協力: 文京学院大学/ASIAGRAPH CGアートギャラリー

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る