「コミック復刊プロジェクト」 TSUTAYAと復刊ドットコムが協業で埋もれた作品をピックアップ

『はるかリフレイン』

日本はマンガ大国として知られ毎年数多くの新作マンガが世に送り出される。しかし、一方で作品の回転の速さもあり、人にあまり知られることもなく埋もれていく作品も少なくない。
そんな埋もれた作品をピックアップして復刊、あらためて読者に届けるプロジェクトがスタートした。「コミック復刊プロジェクト」だ。
「コミック復刊プロジェクト」は、復刊専門サイトの復刊ドットコムとTSUTAYAとで共同で運営をする。すでに両者が展開する「復刊プロデュース文庫」のマンガヴァージョンとの位置づけだ。

復刊ドットコムはユーザーのリクエストにより本や商品の再販売、再発売を実現する異色の事業で支持が高い。『怪獣大全集』や『Xenogears PERFECT WORKS the Real thing -スクウェア公式ゼノギアス設定資料集』などの話題本を手がけてきた。『電脳コイル企画書』、『銀河英雄伝説COMPLETE GUIDE』、『KON’S TONE「千年女優」への道』、『天使のたまご 絵コンテ集』などのアニメのムックや関連本の復刊でもお馴染みだ。
復刊ドットコムを運営する株式会社復刊ドットコムは、2009年に日本出版販売グループよりカルチュア・コンビニエンス・クラブが事業買収を行っている。グループ企業のネットワークを活かした企画でもある。

「コミック復刊プロジェクト」では、全国の目利きのTSUTAYA書店員が、絶版や重版未定などになり入手亜困難になった作品の中から、本当に面白いものを選定して復刊する。第一弾として伊藤伸平の『はるかリフレイン』を2016年11月26日に発売。復刊にあたっては、1998年に白泉社より刊行されたものを基に再編集、増補も行う。
『はるかリフレイン』は1997年4月から98年3月まで、「高1チャレンジ」(ベネッセ・コーポレーション)に連載された。単行本が1冊と小品となったが、本作の復刊に携わったTSUTAYAのスタッフは、「はるかリフレインはまるで良質な映画のような暖かくて深くてそして悲しい恋の物語です。」「この本を読み終えた時、 最高の感動と驚きにきっと涙を流さずにはいられません。」とする。
「コミック復刊プロジェクト」は、今後もシリーズ化していく予定とのこと。今後も、意外な作品が姿を見せるかもしれない。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る