ソニー・ミュージック 韓国でアニメとゲームの新イベント開催 現地企業と共催

Anime X Game Festival in Seoul

 ソニー・ミュージックエンタテインメントが海外でのアニメイベントをさらに拡大する。7月17日、ソニー・ミュージックは、韓国のアニメ専門チャンネルANIPLUSとアニメ・ゲームを中心とした新イベントを開催すると発表した。
 イベントのタイトルは「Anime X Game Festival in Seoul(以下、AGF)」として、2018年11月3日(土)、4日(日)の2日間。ソウル市内の一山地区にある大型展示施設KINTEXを会場とする。来場者数は3万人を想定している。

 ソニー・ミュージックのパートナーとなるANIPLUSは、韓国で日本のアニメの同時放送と同時配信をする代表的な専門チャンネルである。アニメファンからの人気が高い。
 番組放送・配信だけでなくアニメ関連のECサイトやリアルショップの運営もする。さらに劇場での上映イベントやアニメーションのコラボカフェなども行う。アニメカルチャーの総合ビジネス企業の側面も持っている。そうしたノウハウがAGFでも活かされそうだ。

 ソニー・ミュージックは、グループ会社アニプレックスを通じてアニメビジネスを幅広く手掛けている。また海外での日本ポップカルチャーイベントに積極的に取り組んでいる。アジア地域では、関連会社を通じてC3 AFAをシンガポール、香港、インドネシア、マレーシア、中国、タイなどで開催してきた。
 韓国では日本や米国のアニメーション、ゲーム、マンガ好きな20代から40代のKIDULTと呼ばれる層をターゲットする。日本以外のアジアのコンテンツを扱うことから、C3 AFAなどとは異なるANIPLUSとの共催となったとみられる。
 ソニー・ミュージックはAGFを通して、KIDULT向けのコンテンツ活性化したいとする。開催にあたっては、すでに韓国と日本の企業・団体から出展の意向を得ているとしている。

Anime X Game Festival in Seoul
http://www.agfkorea.com/
2018年11月3日(土)、4日(日)
会場:KINTEX
主催: ANIPLUS /ソニー・ミュージックエンタテインメント

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 鵜飼恵輔氏
     2019年5月24日に全国195館規模で公開をスタートした劇場アニメ『プロメア』が、大きな話題を呼…
ページ上部へ戻る