2017年国内動画配信市場、前年比13%増の1850億円 DCAJ調べ

動画配信市場調査レポート2018

 定額課金の見放題サービスの普及が進むなかで、動画配信ビジネスにますます大きな注目が集まっている。しかし、そのビジネス規模はどのぐらいなのか? 今後、どのぐらい成長するのだろうか? 
 一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は独自調査でこれらを推定した。2017年の国内動画配信市場規模は1850億円であったという。調査は2018年4月23日に刊行された『動画配信市場調査レポート2018』をまとめるあたり行ったもので、2017年1月~12月の間ユーザーが支払った有料サービスの総額になる。

 DCAJによれば市場規模は前年比で13%増となる。2016年の12%増に続き、二桁ペースの着実な成長だ。市場の成長は今後も続くとして、2022年には2600億円に達すると推定した。
 市場規模はユーザーがサービス企業に直接支払ったもので、動画配信に付加される広告の金額は含まれていない。これらも含めるとかなり動画配信がすでにかなりボリュームのあるビジネスになっていることが判るだろう。
 また2017年の特長として、一部で撤退する事業者が出てきているが、全体的にはライブ配信を含めて新たなジャンルとしての浸透、ユーザーを増やし、市場規模を拡大したと DCAJは説明する。今後の成長は、プロモーションの強化やテレビデバイス対応、5Gの普及などが牽引すると見ている。

 調査レポートでは市場規模のほか、動画サービスの経緯や2017年から18年の動画配信関連の主要なニュースをまとめている。また配信サービスを提供する主要企業15社の動向もまとめた。国内大手のNTTドコモ(dTV)やU-NEXT、DMM.com、HJホールディングス(Hulu)、さらに外資系のNetflix、Amazon.comを網羅する。さらにライナー型の番組編成と積極的な投資で注目されるAbemaTVも含まれている。
 A4版117ページで、定価1万円(税別)。PDFデータをダウンロードするかたちとなっているので、手早く入手出来るのも便利だ。

一般財団法人デジタルコンテンツ協会 http://www.dcaj.or.jp

『動画配信市場調査レポート2018』発刊について
http://www.dcaj.or.jp/news/2018/04/2018.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る