IGポート通期連結、利益が急伸 中期経営計画の目標数値を上方修正

ファイナンス決算

 アニメ製作大手のIGポートは、2023年7月14日に23年5月期通期連結決算を発表した。連結売上高は111億6300万円と6%の微減だったが、利益面は大きな伸びとなった。営業利益は9億9100万円(72.9%増)、経常利益9億9900万円(74%増)、純利益は7億6600万円と500万円から急伸した。前年は約4億円あった映像制作事業の営業損失が8700万円と黒字転換したことが大きかった。
 IGポートは22年7月に発表していた「中期経営計画」の3ヵ年の連結数値目標で、経常利益10億円を掲げていたが、一年目でこれを実現したことになる。

 こうした業績を受けて、IGポートは中期経営計画の数値目標を見直した。売上高、経常利益も上方修正している。2026年5月期の連結売上高の目標を126億円から130億7600円に引き上げた。また経常利益は10億6900万円から15億6500万円に引き上げた。
 ROE8%以上、配当性向 25%の目標も維持する。23年5月期の配当は前期の1株当たり5円から、40円に大幅に引き上げられている。

 23年5月期は映像制作事業が増収増益。売上高は61億600万円(2.5%増)、営業利益は8700万円だった。主力作品は『天国大魔境』、『SPY × FAMILY』、『蒼穹のファフナー BEHIND THE LINE』などだ。
 一方、版権事業の主力は『SPY × FAMILY』、『進撃の巨人』、『銀河英雄伝説 Die Neue These』などだった。中でも『SPY × FAMILY』は、テレビ放送終了後も国内外のライセンス売上が好調としている。ただし前年は製作出資の大きな作品が多かったことから、売上高、利益は反動減となっている。部門売上高は18億5300万円(36.8%減)、営業利益は4億7600万円(19.2%減)だ。
 出版事業は売上高29億300万円(9.7%増)、営業利益5億6200万円(3.8%増)だ。電子書籍売上げが15%増、また海外翻訳出版も伸びた。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る