2017年春、NHK総合テレビで「アトム ザ・ビギニング」放送決定


手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』は、日本のマンガ史に輝く傑作だ。1963年には日本初の本格的なテレビアニメシリーズともなり、アニメ史にもその名を残す。
その前日譚を描く『アトム ザ・ビギニング』がテレビアニメ化され、2017年春からNHK総合テレビで放送することが決定した。また放送時期、放送局の発表と合せて制作スタッフも明らかにされた。NHK総合での放送に加えて、豪華スタッフと大作感が満載になっている。

『アトム ザ・ビギニング』は、2015年初春よりマンガ誌「月刊ヒーローズ」で連載を開始した。手塚治虫の生み出した世界観を原案として、鉄腕アトムの誕生前、後に天馬博士とお茶の水博士になる若き二人が、人工知能を持つロボットの開発を進める話を描く。
コンセプトワークスに『機動警察パトレイバー』のゆうきまさみ、漫画を『RIDEBACK』のカサハラテツローと大物マンガ家のタッグも話題を呼んだ。さらにストーリーの面白さがスタート当初から話題になり、ベストセラーとなっている。アニメ化決定は既報だが、今回は放送情報、スタッフ情報で作品の世界がより見えてきた。

その新情報がサプライズたっぷりである。アニメーション制作は「攻殻機動隊」シリーズや『PSYCHO-PASS サイコパス』でお馴染みのプロダクション I.G、長編映画『ひるね姫』の公開も控えるシグナル・エムディ、さらに『ポケットモンスター』や『妖怪ウォッチ』でお馴染みのOLMがタッグを組む。
総監督は実写映画『踊る大捜査線』でも知られる本広克行、シリーズ構成は『BLOOD+』の藤咲淳一とI.Gのスタッフが参加。さらに監督に佐藤竜雄、キャラクターデザインに吉松孝博とヒットメーカーが並ぶ。ビジネス面でも期待の大作と言っていいだろう。

放送体制もビッグだ。通常は新作テレビアニメシリーズの放送はほとんどないNHK総合テレビが決まっている。日本全国をカバーするだけに作品の認知度も高まるだろう。
NHKは2016年秋にやはり総合チャンネルの土曜日23時から『3月のライオン』を放送中だ。週末のプレミアな時間帯にアニメをプログラムして話題を呼んだ。『アトム ザ・ビギニング』の放送時間は明らかにされていないが、これに続くアニメへの積極的な取り組みである。アニメがこれまでに比べて、一般層に広がっているとされるなかで、アニメを通じた視聴者の開拓を目指すかたちだ。

アニメ『アトム ザ・ビギニング』 http://www.atom-tb.com/

© 手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO’S/アトム ザ・ビギニング製作委員会

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る