テレ玉の新アニメ枠 ダンデライオンが毎週30分をプロデュース、ショートアニメで構成

「あにめ玉てばこ」

 アニメ会社のダンデライオンアニメーションスタジオが、2018年4月より、テレビ埼玉でアニメ放送枠企画・プロデュースをスタートした。ショートアニメーションの新作を積極的に紹介していく。
 テレビ埼玉は4月7日より毎週土曜日朝6時から6時半を「あにめ玉てばこ」として、新しいアニメーション放送枠にした。ダンデライオンは、この枠の企画・プロデュースをする。主にファミリー向けのアニメーションで編成する。

 ダンデライオンによれば、「あにめ玉てばこ」は海外作品を中心に良質なアニメーションを日本の子供たちに紹介することが目的だ。番組枠を前半と後半、さらにショートムービーの3部で構成する。30分の中で、いくつもの作品を楽しめる。
 スタート時の番組は、個性的なクルーたちからなる宇宙パトロールの冒険を描くフランスの『Commander Clark(コマンダー ・クラーク)』、いつも元気でポジティブな男の子・ベンラットの活躍する『BENRAT(ベンラット)』、そして高知県で発見されたニホンカワウソのしんじょう君を主人公にするシュールなショート作品『きょうのしんじょう君』で構成される。
 またオープニングとエンディングでは、 埼玉県内の保育園や幼稚園を訪問して、ご当地キャラクターと園児たちが触れ合う映像とした。地域の子どもたちとの交流のきっかけにもなっている。放送は4クール(1年間)を予定。息の長い番組となりそうだ。

 ダンデライオンアニメーションスタジオは、2007年4月に設立されたアニメ会社。今年3月には合同会社から株式会社に会社組織を変更したばかりだ。アニメ『ロボマスターズ』といっ代表作がある。
 アニメの企画・製作やアニメーション制作のほか、ファミリーキッズ作品のプロデュース・マネジメントも手がける。また海外事業にも積極的だ。

「あにめ玉てばこ」
放送局: テレビ埼玉
2018年 4月 7日(土曜日) スタート 6:00~6:30
企画: ダンデライオンアニメーションスタジオ
協力: 総合PR

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る