「DMM music」設立、アニメ/ゲームと連動した声優アーティスト音楽ビジネスを目指す

DMM music

 DMM.comは、2018年3月に音楽コンテンツの企画・制作・プロデュースを手掛ける音楽レーベル「DMM music」を設立した。これまで同社が展開してきたアニメ事業、ゲーム事業と連動したビジネスを目指す。
 DMM.comグループは、動画配信からシステム開発、人材、ネット証券取引、オンライン英会話、教育まで幅広い業務を手がけるIT企業。開発やサービスやインフラ提供が主なビジネスとなっていたが、近年はコンテンツの創出に積極的だ。DMMGAMESではオンラインゲームを手がけ、2017年3月にはアニメ製作などのDMM picturesを設立した。製作出資やBlu-ray/DVDの発売などで本格的にアニメ事業に参入する。

「DMM music」の設立で、グループ内に「映像」「音楽」「ゲーム」の3ジャンルの陣容を整える。今後はエンタテインメント分野でのクリエイティブ創出で存在感を高めそうだ。
 音楽分野では、とりわけアニメが注力分野になる。「DMM music」は、特に声優、そして声優アーティストの発掘を掲げている。

 レーベルの立ち上げに合わせて、声優アーティストにフォーカスしたオーディションも実施する。こちらではA-Sketchの「Astro Voiceレーベル」との共同開催になる。オーディションを通じて所属アーティストを選考する。
 A-Sketchは音楽レーベルとアーティストマネージメントの有力会社。ロック分野でflumpoolやONE OK ROCKといった数々の人気アーティストを輩出してきた。近年はアニメ音楽分野で存在感を増している。『ユーリ!!! on ICE』や『亜人』、『ノラガミ ARAGOTO』ほか多くの作品に参加している。作品と連動したアーティストの起用で、音楽面からアニメの世界観構築に力を発揮する。
 オーディションの募集対象は2018年4月1日時点で満14歳〜25歳の男女、レーベルや事務所に未所属であること。2018年5月11日まで応募を受け付ける。書類・音源などによる一次審査後、面接・実技審査を経て決定する。
 今回のオーディションでは、「DMM pictures」にて予定するアニメのオープニングやエンディング曲を担当するアーティストの発掘も目指すとしている。アーティストにとっては大きなチャンスを掴むきっかけともなりそうだ。

DMM.com  http://www.dmm.com/
「DMM music」所属オーディション 特設サイト https://music.dmm.com/audition/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
  2. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  3. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
ページ上部へ戻る