「丘の上のダム・キーパー」「B :The Beginning」、アヌシー映画祭TV部門オフィシャルコンペに選出

アヌシー国際アニメーション映画祭2018

 2018年のアヌシー国際アニメーション映画祭にまた2本、日本からのアニメーション作品が加わる。3月27日、映画祭を運営するCITIAは、テレビ番組部門(TV Films)と受託作品部門(Commissioned Films)のオフィシャルコンペ作品を発表した。
 このうちテレビ番組部門には、日本のプロダクション I.Gの製作した『B :The Beginning』、そして日本のHuluなどが製作、米国のアニメーションスタジオであるトンコハウスが制作した『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』の名前が挙がった。

 映画祭のオフィシャルコンペは、グランプリを選ぶためのノミネートに当たるものだ。テレビ部門では今回、世界各国から23作品が選ばれている。6月に開催される映画祭の最終日には、この中からグランプリなどのアワードが発表される。
 作品は、フランスをはじめとしたヨーロッパ、北米は勿論、日本、ブラジル、タイ、中国、ウルグアイ、ロシアといった国の作品も見られる。また23作品はこれまでになく数が多く、アヌシーがこの分野にこれまで以上に力を入れていることがわかる。

 日本からの2作品は、TV部門でありながらいずれも配信プラットフォームが主体になっているのが、新しいアニメ時代を感じさせる。
 『B :The Beginning』はNetflixオリジナルアニメとして、3月から世界190ヵ国に配信されている。現在のところテレビ放送の予定はない。『キル・ビル』のアニメパートなどで知られる中澤一登が監督する近未来クライムストーリーである。
 『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』は、日本のHuluのオリジナルアニメとして製作された。日本のHuluで配信された後、NHKで放送されている。制作は米国のトンコハウス。堤大介やロバート・コンドウなどが活躍するスタジオと知られるが、本作ではエリック・オー監督が中心となった。

 受託部門は31本から選出されたが日本からの作品はなかった。アヌシーはすでに短編部門、学生部門などのオフィシャルコンペが発表されている。日本からは短編部門(short Films)に山田遼志氏の『Hunter』、学生部門(Graduation short Films)には谷耀介氏の『怪獣神話』が選ばれている。
 残る発表は、長編映画部門のみだ。こちらでも日本から選出が期待されるが、発表は4月下旬を予定している。

アヌシー国際アニメーション映画祭
https://www.annecy.org/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る