アヌシー映画祭長編コンペに「この世界の片隅に」「聲の形」「夜明け告げるルーのうた」

アヌシー国際アニメーション映画祭 2017

 2017年4月24日(現地時間)、フランス・パリにて6月12日から17日まで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭の最後のコンペティション作品が発表された。映画祭の目玉となる長編アニメーション部門である。
 世界各国の応募の中から選ばれたのは10作品、日本から山田尚子監督の『聲の形』、片渕須直監督の『この世界の片隅に』、そして湯浅政明監督の『夜明け告げるルーのうた』となった。3作品は他の7作品と共に競い、10作品の中から映画祭最終日にはグランプリにあたるクリスタル賞などの各賞が決定する。

 アヌシー国際アニメーション映画祭は、世界で最も大きく、歴史が長いアニメーション映画祭として広く知られている。世界各国から3000本近い応募があり、審査を経てそのなから公式上映が選ばれる。世界トップクラスの作品が集まることから、毎年大きな注目を浴びる。
 これまでに短編部門、学生部門、テレビ部門、受託部門のセレクションが発表されていたが、2017年は日本からの公式上映は例年に比べて少なかった。しかし、長編部門で多数の公式上映が決まった。長編部門ではこれまでに、宮崎駿監督、高畑勲監督、細田守監督、原恵一監督、西久保瑞穂監督と日本から受賞も多いだけに、2017年も期待がかかる。
 長編部門ではコンペティションの対象にしない公式上映でも、神山健治監督の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』、湯山邦彦監督と榊原幹典監督の『ルドルフとイッパイアッテナ』が選ばれている。全部で5本もの日本の新作映画がフランスで紹介される。

 『聲の形』は、日本では2016年9月に公開。聴覚障害の少女とかつて彼女をイジメた主人公の少年を描き、高い評価を得た。山田尚子監督にとっては映画『けいおん!』、『たまこラブストーリー』に続く、3本目の劇場映画である。国内ではかねてより評価を受けてきた京都アニメーションの作品がアヌシーのオフィシャルコンペに挙がるのは今回が初めてである。
 『この世界の片隅に』がアヌシーに登場するのは、今回で2度目となる。昨年のアヌシーでは公開前の注目作を紹介する「Work in Progress」で、大好評を博した。今年は凱旋ともいえる。
 そして湯浅政明監督は、2012年の短編部門『キックハート』、2014年のテレビ部門『アドベンチャー・タイム』第163話「Food Chain」に続く3回目のコンペティションになる。短編部門、テレビ部門、長編部門とそれぞれカテゴリーが違うのが多才な湯浅監督らしい。『夜明けを告げるルーのうた』は、オリジナルストリーで、主人公と人魚の少女ルーとの不思議な交流を描く。日本では5月に公開予定だ。

 2017年はコンペティション以外でも長編映画の登場の多い年となった。映画のメイキングを披露する「MAKING OF」では、東映アニメーションと原作者の永井豪を招いて『劇場版 マジンガーZ』がフォーカスされる。
 さらに公開前の話題作の作品過程を紹介する「Work in Progress」には、ポリゴン・ピクチュアズが制作を進めるアニメーション映画『GOZZIRA』が取り上げられる。こちらは2017年秋公開予定。ポリゴン・ピクチュアズからは『BLAME!』も特別招待作品としてメイン会場で上映される予定だ。

アヌシー国際アニメーション映画祭 https://www.annecy.org/

長編部門オフィシャルコンペティション作品
■ 『この世界の片隅に』 日本
■ 『ETHEL AND ERNEST』 英国
■ 『BIG FISH & BEGONIA』 中国
■ 『LOVING VINCENT』 ポーランド/英国
■ 『聲の形』 日本
■ 『夜明け告げるルーのうた』 日本
■ 『ZOMBILLENIUM』 ベルギー/フランス
■ 『ANIMAL CRACKERS』 米国
■ 『HAVE A NICE DAY』 中国 
■ 『TEHRAN TABOO』 ドイツ 

長編部門オフィシャル作品
■ 『ANA Y BRUNO』 メキシコ
■ 『LITTLE HEROES』 ベネズエラ
■ 『1917 – THE REAL OCTOBER』 ドイツ
■ 『THE MAN WHO KNEW 75 LANGUAGES』 ノルウェー
■ 『TEA PETS』 中国
■ 『LOST IN THE MOONLIGHT』 韓国
■ 『RICHARD THE STORK』 ドイツ、ベルギー、ルクセンブルク、ノルウェー
■ 『IN THE FOREST OF HUCKYBUCKY』 ノルウェー
■ 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』 日本
■ 『ルドルフとイッパイアッテナ』 日本
■ 『I’LL JUST LIVE IN BANDO』 韓国
■ 『DEEP』 スペイン
■ 『TAD, THE LOST EXPLORER, AND THE SECRET OF KING MIDAS』 スペイン

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る