東京アニメアワードフェス2018がコンペ作品発表 短編35本、長編4本

東京アニメアワードフェスティバル 2018

 国内外の優れたアニメーションの数々を紹介する東京国際アニメアワードフェスティバル2018が2018年3月9日から12日まで、東京・池袋地区を中心に開催される。このコンペティション部門を飾るオフィシャル作品が発表された。
 今回は世界58ヵ国・地域から731もの作品応募があり、この中から長編4作品、短編35作品が選ばれた。映画祭期間中に発表される各アワードのノミネート作品となる。

 長編コンペティションにラインナップされたのは、チェコの『The Oddsockeaters』(Galina Miklinova監督)、台湾の『On Happiness Road』(SUNG Hsin-Yin監督)、ロシアの『Kikoriki: Deja Vu』(Denis Chernov監督)、そして中国の『Have A Nice Day』(LIU Jian監督)である。4本のみとはなったが、個性たっぷりの作品が揃った。
 とりわけ『Have A Nice Day』は、中国の地方都市を舞台に裏社会を描いた意欲作。LIU Jian監督は新進の才能としてグローバルに注目されている。世界的な話題作の登場となる。

 一方、短編コンペティションは、フランスやロシア、中国、台湾、米国、カナダといった国に加え、ブラジルやアルゼンチン、インド、エジプトなど幅広い国から作品が集まった。まさに国際映画祭ならのラインナップである。
 すでに他の国際映画祭での受賞を重ねた作品も少なくない。Frédérick Tremblay監督の『Dolls Don’t Cry』は、新千歳国際空港アニメーション映画祭でグランプリを受賞したばかり。桑畑かほるとマックス・ポーター両監督の『Negative Space』は、米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされている。
 日本からは4作品が選ばれている。長井勝見監督の『あの日まで』は8Kで人形アニメーションにて描いた話題作、東京藝術大学大学院の浅野陽子監督の『すみっこのこ』もコマ撮り作品だ。一方、キューライス監督の『鴨が好き』は2D、大谷たらふ監督の『Serph Feather (overdrive version)』はミュージックビデオと日本らしい多彩さに溢れている。日本勢の活躍にも期待がかかる。

 各作品は、映画祭の期間中に一般に向けた上映会も実施する。選考委員による解説トーク付の上映も予定している。作品をより深く知るのに活躍しそうだ。詳細なスケジュールやチケット情報は、今後随時発表される。また各アワードは映画祭の会期中の決定、発表される。

東京アニメアワードフェスティバル 2018
http://animefestival.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  2. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  3. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
ページ上部へ戻る