ボンズが描く、横浜・十日市場の未来 タムラコウタロー監督短編アニメ「未来色の風景」

「未来色の風景」

 日本トップスタジオと知られるボンズが、街づくりとコラボレーションした短編アニメーションを制作した。2017年12月18日よりウェブで公開されている「未来色の風景」だ。
 この作品は、横浜市緑区十日市場で進められている複合開発プロジェクトYOKOHAMA GREEN BATON PROJECTに合わせて企画されたものである。首都圏近郊の落ち着いた街の近未来を題材に、異なった3組の家族の幸せと日常を描く。1話2分足らずと短いが、全3話ともボンズらしい丁寧な作品づくりが味わえる。

 なかでも目玉となるのが、監督にタムラコータローさんを起用したことだ。『おおかみこどもの雨と雪』の助監督を経て、テレビアニメ『ノラガミ』で監督デビュー、続く『ノラガミ ARAGOTO』で高い評価を獲得している。本作については、「今回はアニメで描きがちな派手なドラマ性を封印し、あたらしい暮らしへの期待感などポジティブな側面に焦点を当ててみました」とのこと。
 キャラクターデザインに『艦隊これくしょん -艦これ-』で活躍するしずまよしのり、テーマ曲はAwesome City Clubと豪華スタッフ。また声優も上坂すみれ、赤羽根健治、井ノ上奈々、市来光弘らと人気声優が並ぶ。
 アニメーション制作のボンズは、『カウボーイビバップ 天国の扉』、『鋼の錬金術師』、『交響詩篇エウレカセブン』、『僕のヒーローアカデミア』と数々のヒット作を世に送り出す。なんとも贅沢な布陣である。

「未来色の風景」では、第1弾「2人の新しい暮らし」では実生活でも夫婦の井ノ上奈々、市来光弘が新婚夫婦役で共演。第2弾「夫の出張記念日」では上坂すみれと赤羽根健治が夫婦役となる。第3弾も含めて近未来の十日市場を舞台だ。
 アニメを通じて、さまざまな幸せ、ライフスタイルの提案ともなっている。アニメを活用したコラボレーションのかたちとしても、面白いケースとなっている。

「未来色の風景」プロジェクト
http://www.yokohama-gbp.com/dresser/mirai-iro/
【Episode.1】 「2人の新しい暮らし」
【Episode.2】 「夫の出張記念日」
【Episode.3】 「転校生の放課後」

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ラディアン スタッフ
     2018年10月からNHK Eテレで、テレビアニメシリーズ『ラディアン』の放送がスタートする。空か…
  2.  9月30日(日)に、東京・渋谷のLOFT9 SHIBUYAにて「日米アニメコミックビジネスの今」と…
  3. 『オービタル・クリスマス』
     2018年6月30日0時からスタートした短編SF映画のクラウドファンディングが、ロケットスタートを…
ページ上部へ戻る