ポケモンと現代アーティストがコラボ、渋谷PARCOで展覧会

「レリックス オブ カントー スルー タイム (Relics of Kanto Through Time)」

 子ども達に人気の『ポケットモンスター』が、最先端のカルチャーシーンに登場する。専門店経営のパルコは、東京・渋谷PARCO内の「PARCO MUSEUM TOKYO」にて、企画展覧会「Daniel Arsham × Pokemon」を開催すると発表した。
 現代アーティストとして著名なダニエル・アーシャムが、『ポケットモンスター』を題材に新作アートを制作。「レリックス オブ カントー スルー タイム (Relics of Kanto Through Time)」と題した展覧会を8月1日から8月16日まで実施する。

 ダニエル・アーシャムは1980年米国生まれ。疑似考古学をテーマにカメラやカセットデッキ、アタシュケースが発掘されたといったモチーフで彫刻などのアート制作をすることで広く知られている。世界的に知られた存在だ。今回はポケモンやポケモン図鑑、サトシらが化石化して1000年後に発掘されたとのコンセプトで表現する。
 会場には未公開の彫刻作品やインタレーションを展開する。また渋谷PARCO1Fには全長約2mのブロンズ製「ピカチュウ」も展示され、展覧会を盛り上げる。展覧会の入場料金は700円で、期間中はオリジナルグッズの発売も予定する。
 ダニエル・アーシャムとポケモンのコラボレーションは、2020年4月にアパレルのUTとのコラボTシャツ発売でスタートした。6月には渋谷のナンヅカ ギャラリーでも展覧会を開催している。今回はコラボレーションプロジェクトの第3弾となる。

 「ポケモン」は世界的知られる人気作品だが、誕生からまだ20年あまりに過ぎない。90年を超える歴史を誇るミッキーマウスや、50年の「ドラえもん」、40年超の「ハローキティ」などに較べるとだいぶ短い。それだけに子ども向けのキャラクターとして捉えられ、ある程度成長するとキャラクターとの接触が薄れる傾向が強かった。
 しかしより息の長い人気を目指すには、全世代から受け入れられるユーザー層の拡大が求められる。2016年にスタートしたアプリゲーム「ポケモンGO」の大ヒットはそうした固定観念を崩すことに成功し、大人層にファンを広げた。さらに近年は積極的なライセンスでより幅の広い層での認知を高めるの積極的だ。ハリウッド発の実写映画『名探偵ピカチュウ』、吉野家やアディダスなどの多方面にライセンスするなどがそうだ。今回の現代アーティストのダニエル・アーシャムとのコレボレーションも、そうした新しい試みのひとつだ。ポケモンが大人層にとっても「新しい」「お洒落」と受け入れられるかの挑戦でもある。

「Relics of Kanto Through Time at PARCO MUSEUM TOKYO」
2020年8月1日~8月16日
会場:PARCO MUSEUM TOKYO

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon ©1998 ピカチュウプロジェクト
     国内最大の国際映画祭である東京国際映画祭が、9月29日に俳優の役所広司氏や是枝裕和監督、深田晃司監…
  2. デジタルコンテンツ白書2020
     一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、経済産業省商務情報政策局の監修による『デジタルコンテンツ白書…
  3. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
ページ上部へ戻る