VIZメディア ヨーロッパ、「パワーレンジャー」ブランドの仏エージェント企業に

VIZ Media Europe

 小学館・集英社系のフランス企業VIZ Mediaヨーロッパ(VIZ Media Europe)は、2017年11月に特撮ヒーロー番組『パワーレンジャー』のフランスにおけるエージェント業務を開始する。シリーズの製作・マネジメントを手がける米国サバン・ブランズから、同作のフランスでのライセンスとマーチャンダイジングを獲得したことを明らかにした。
 VIZ Mediaヨーロッパは、来年で25周年を迎える「パワーレンジャー」を全方向に展開する戦略を練る。日本アニメやマンガで培ったノウハウを活かして、ファンコミニティの活発化やマーケティング、小売店向けのサポートなどをする。

 「パワーレンジャー」は実業家のハイム・サバン氏が、日本の東映からスーパー戦隊シリーズの権利を得て、米国向けに翻案した実写ヒーロー番組として製作したことで知られている。1993年に第一作がテレビ放送され、これが一大人気を博した。
 シリーズは紆余曲折があったが、現在は最初の企画者であるハイム・サバン氏が権利を買戻し、グローバルブランドとして再構築している。2017年には大作映画『パワーレンジャー』が世界公開されている。
 映画はフランスでも公開されただけでなく、現在は有力テレビ局Gulliにて第24シーズン『Power Rangers Ninja Steel』が放送されている。今回VIZ Mediaヨーロッパは、サバン・ブランズが目指す「パワーレンジャー」ブランドのフランスでの再構築で協力することになる。

 VIZ Mediaヨーロッパは、小学館、集英社、小学館集英社プロダクションが出資するマンガ・アニメのライセンス企業である。日本のマンガ、アニメ、キャラクターを中心に、ヨーロッパ、中東、アフリカでのビジネスを担当する。主な取扱作品には、『僕のヒーローアカデミア』、『ワンパンマン』、『ドラえもん』、『DEATH NOTE』などがある。
 そうしたなかで、日本コンテンツに由来はするが、現在は米国発のキャラクターになっている「パワーレンジャー」をVIZ Mediaヨーロッパがフランスのエージェントになるのは異例だ。VIZ Mediaヨーロッパとっても、サバン・ブランズにとっても大きな挑戦だ。

 「パワーレンジャー」は米国発の大型キャラクターであるが、現在はハリウッドメジャーなどのメディアコングロマリットと一線を画している。劇場映画の配給は6大メジャーではなく、その次に位置するライオンズゲートと手を組んでいる。玩具展開でもマテルやハズブロの二大企業でなく、バンダイが中心だ。独立系企業と組むことで、よりアクティブな事業を可能にしている。
 そのなかでフランス展開にあたって、パートナー企業にVIZ Mediaヨーロッパを選んだ。ハイム・サバン氏はもともとフランス出身。自らもよく知るマーケットで、敢えて日系企業に大きな役割を期待する。それだけVIZ Mediaヨーロッパのマーケティング力を評価しているとも言えるだろう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る