中国産アニメ最大のヒット作「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」日本公開決定 日本語版監修に宮崎吾朗

映画ビジネスのニュース

 2015年に中国、そして世界のアニメーション業界にセンセーションを巻き起こした劇場映画『西遊記之大聖帰来』が2018年初めに日本に本格上陸することが明らかになった。本作の日本でのビジネスを担当するアクセスブライトは、邦題を『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』と決定し、2018年1月13日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開すると発表した。
 劇場公開にあたっては、日本語吹替制作監修を映画『ゲド戦記』、『コクリコ坂から』の宮崎吾朗監督が務める。また配給はLDH picturesのアニメ・洋画配給レーベルであるHIGH BROW CINEMAが担当する。

 『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』は、中国のCG映像の分野で実績を重ねた田暁鵬監督がおよそ8年かけて制作したフルCGアニメーションの大作映画である。世界的に馴染み深い中国の古典『西遊記』を原典に、その後の物語を描いた。
 見どころは、成長著しい中国のCG技をたっぷりと盛り込んでいることだ。とりわけ孫悟空と妖怪が対決するアクションシーンは中国のアニメーションの新時代を切り拓いた。

 2015年7月に中国で全国公開されたところ、空前の大ヒットになった。同国での累計興行収入は9億5600万元にも達した。それまで公開された中国産長編アニメーションの過去最大の興収記録の3倍以上に達し、世界で最もヒットした中国産アニメーションとなった。
 それまではハリウッド産の大作になかなか及ばないとされていた、中国のアニメーション映画事情を一変させている。内容もさることながら、ビジネス面でもエポックメーキングな作品だ。

 日本ではこれまで映画祭などでの上映はあったが、中国公開から2年半、待望の日本公開となった。日本語版を監修する宮崎吾朗監督は、かねてより作品と田暁鵬監督の力量を高く評価してきた。それが今回の参加につながったようだ。
 日本での展開は、新海誠監督の『君の名は。』の中国配給でも大きな役割を果たしたアクセスブライトが担当する。同社は日本での配給権、テレビ放映権、ビデオグラム化権、商品化権を獲得している。今後のさらなる展開も期待される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る