中国でポケモン映画が初公開 興収は控えめなスタート 12月1日に「打ち上げ花火」公開

お金

 2017年11月11日、日本の劇場アニメ『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』が、中国で全国公開となった。ポケットモンスターの映画シリーズとしては、中国初の全国公開となる。この公開初週末2日間の興業収入は1529万元(約2億6000万円)となった。興行ランキングで4位である。
 中国で公開される日本映画としては、今年8本目。現地でも人気の高いポケモンということで興行にも期待がかかり、興行ランキング上位に喰い込んだが、日本アニメの公開としてはやや力不足となった。
 5月に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(最終1億4889万元)に大きく引き離されただけなく、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』(最終5387万元)、『聲の形』(同4450万元)にも及びそうもない。最終的には2000万元から3000万元の間に収まりそうだ。これまで公開された「NARUTO」シリーズや、「名探偵コナン」シリーズ、「ONE PIECE」シリーズを超えるのは難しそうだ。

 こうした結果は、映画が日本では16年7月に公開され、そこから1年4ヵ月も経ってしまったことにも原因がありそうだ。すでに日本ではより評判の高かった『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』が公開されている。最新作というフレッシュさに欠けたかたちだ。これが目の肥えてきた中国の観客に充分アピールできなかった理由とみられる。
 今後、日本映画では、劇場アニメ『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』が2017年12月1日から全国公開される。こちらは日本公開から3ヵ月あまりのスピード公開だ。昨年はスピード公開の『君の名は。』は大ヒットになったが、これに続くヒットになるのか。注目を集めそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る