東映がパッケージ事業をスピンオフ、東映ビデオが吸収  

DVD/Blu-ray

 大手映画会社の東映は自社事業のうち、DVDやBlu-rayなどの企画・販売をするパッケージ事業を2024年4月1日で切り離すことを明らかにした。切り離したパッケージ事業は、同日付で東映ビデオが承継し吸収する。
 東映ビデオは東映グループのビデオパッケージ事業会社で、グループのパッケージ事業を広く取り扱ってきた。今回はグループ内で重複して事業分野をひとつにとりまとめ再編する。

 東映ビデオは1972年設立で、国内のビデオ会社のなかでも古い歴史を持つ。株式の37%、東映ラボ・テックが25%、東映アニメーションが24.6%保有する。
 映画、特撮、アニメ、ドラマなど幅広いDVD、Blu-rayのラインナップを誇る。東映VシネマシリーズやVアニメシリーズも展開していた。現在は、「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズなどを得意とする。アニメでも『THE FIRST SLAM DUNK』、『ONE PIECE FILM RED』、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』などヒット作は多い。

 2023年3月期の売上高は52億円、営業損失が8300万円、経常利益は1億5700万円だった。東映から切り離されるパッケージ事業は前期売上高で40億6600万円、営業利益は3億6100万円になる。今回の再編で東映ビデオの売上高は倍近くになる。対外的にも会社の存在感が増しそうだ。
 東映は分割するパッケージ事業の価値を約2億6000万円と算出し、対価として東映ビデオより同社の株式642株を受け取る。
 東映はふたつの会社の経営資源を集約することで、経営効率を向上し、事業のさらなる発展を目指すとしている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る