タカラトミー「トランスフォーマー」「ベイブレード」好調 業績予想を大幅上方修正

ファイナンス決算

 玩具大手のタカラトミーの好調が続いている。2017年10月27日、同社は2018年3月期第2四半期と通期の連結業績予想を大幅に上方修正した。売上高の伸びに伴い、当初予想より利益も大きく伸びる。
 第2四半期までの連結売上高は、従来の800億円から9.4%増え、875億円を予想する。営業利益も30億円から65億円、経常利益も28億円から63億円、当期純利益も21億円から41億円に引き上げられる。
 さらに通期連結売上高では、1700億円を1770億円、営業利益80億円を115億円、経常利益を55億円から70億円に変更した。いずれも当初予想より前期を上回っていたが、さらに数字を伸ばすことになる。第2四半期、通期とも前年比増収増益を実現することになる。

 業績の好調は国内玩具販売の成長。さらに海外向けの輸出好調に支えられている。「トランスフォーマー」、「ベイブレードバースト」の海外人気が後押しをした。「トランスフォーマー」は、この夏に最新映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』が世界公開され話題を読んでいた。また「ベイブレードバースト」は、ベーゴマにコンセプトを得た玩具とアニメやマンガをメディアミックスで展開する。2016年度からアジアをはじめとする世界でもビジネスを進めている。
 「トランスフォーマー」、「ベイブレード」とタカラトミーにとっては、長く続く定番ブランドである。それを新しいかたちでいまの子どもたちに送り出すのが、タカラトミーの事業の核となっている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る