映画「BLAME!」北米でViz MediaがDVDとブルーレイを発売

DVD/Blu-ray

 米国の日本マンガ・アニメ会社のViz Mediaが、弐瓶勉のSFマンガを原作とした劇場アニメ『BLAME!』のDVDとBlu‐ray、そして商品化の北米ライセンスを獲得した。2017年10月5日から8日まで、米国で開催されたニューヨークコミコンのViz Mediaパネルイベントの目玉のひとつとして明らかにした。
 発表によればDVDとBlu‐rayは、本編のほか、アートギャラリーやメイキング・ドキュメンタリーを収録する。『BLAME!』は、2017年5月にNETFLIXで全世界同時配信をスタートしているが、本編プラスアルファの付加価値をつけることで、本作に多いコア層のファンにアピールする。

 映画『BLAME!』は原作者・弐瓶勉の総監修のもと、数々のハイクオリティのCGアニメを創り出していたポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を担当した。原作のコンセプトを活かしつつ、劇場向けにオリジナルのストーリーを展開した。
 作品のクオリティの高さと同時に、ビジネス面での取り組みも新しい挑戦が多かった。ひとつは定額見放題配信で知られるNETFLIXのオリジナルアニメとすることで、劇場公開と同日に全世界に向けて同時配信をスタートしたことだ。日本では配信でも見られるにも関わらず、劇場でも好調な興行成績を残している。
 また劇場公開、配信から約半年後、11月1日から国内ではキングレコードがDVDとBlu‐rayを発売している。

 一方、今回のViz Mediaの試みも挑戦的である。Viz Mediaは小学館・集英社系の米国法人だが、『BLAME!』の原作はライバルとなる講談社から発売している。米国での英語翻訳版も講談社も出資するヴァーティカルから刊行されている。
 Viz Mediaはこれまでも、小学館・集英社を中心とする一橋グループ以外からのアニメ・小説・キャラクターに積極的に取り組んでいる。よい作品であれば、ビジネスは問わない姿勢が強い。それでも『BLAME!』では、近年アニメビジネスで重要な配信ライセンスもNETFLIXが保有する。Viz Mediaは映像の中では映像ソフトのみの権利、そして商品化権だけでビジネスをすることになる。それは『BLAME!』にはコアなファンが多く、映像ソフトやハイクオリティな商品に需要があると読みがあるわけだ。こうした動きは複雑化する北米のアニメビジネスを象徴しているともいえるだろう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る