「BATMAN NINJA」2018年公開、神風動画がアニメーション制作 NYコミコンで発表

映画ビジネスのニュース

 エッジの効いた映像づくりで定評のある日本のCGアニメスタジオ神風動画が、世界に向けて大作を放つ。2017年10月5日、米国・ニューヨークのジャビットセンターで開催されていたニューヨーク・コミコン内のパネルイベントで、新作アニメ『BATMAN NINJAニンジャバットマン』の製作が明らかにされた。 アニメーション制作は神風動画、監督は同スタジオの水崎淳平が担当する。2018年にリリースする。
 メインステージで実施されたパネルイベント「First Look: Batman Ninja」は、日本のワーナー ブラザース ジャパンと米国のワーナー・ブラザーズ・ホームエンタテインメントが共同で主催する。発表の場にニューヨーク・コミコンを選んだことからも、『BATMAN NINJA』が日本だけでなく、当初からグローバルに向けて発信する作品であることが分かる。
 多くの新作、大型発表の相次ぐニューヨーク・コミコンだが、現地の有力メディアは『BATMAN NINJA』の製作を大きく報じている。DCの人気タイトルと日本アニメの融合が関心を集めた。

 有力スタッフの起用も、注目される理由だ。水崎淳平監督のほか、脚本に『キルラキル』、『天元突破グレンガラン』の中島かずき、キャラクターデザインに『アフロサムライ』の岡崎武士が参加する。さらに音楽は『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』、『軍師官兵衛』の菅野祐悟と豪華だ。
 水崎淳平、岡崎武士、中島かずきは、今回の発表イベントにも参加した。彼らと共に世界初公開となる『BATMAN NINJA』の映像の一部が披露された。

 神風動画は2003年に東京で設立されたCGアニメーションのスタジオ。大きな規模ではないが、先鋭的な映像づくりに定評がある。これまでその表現はゲームムービーやテレビアニメのオープニング、エンディングなどで発揮されてきた。アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのオープニングや「星のドラゴンクエスト」といったゲームムービー作品でファンにお馴染みだ。
 一方で近年は、中編映画『COCOLOS』を制作している。これが世界各地のアニメーション映画祭で上映されるなど、新たな活動が広がっている。『BATMAN NINJA』は国境を越えたプロジェクトとして、なかでも大きな挑戦になる。神風動画の公式サイトによれば、本作制作期間は3年に及んだという。

 もうひとつ本作で注目されるのが、米国と日本のふたつの国のワーナー ブラザースが関わっていることだ。ワーナーは2011年より日本法人にてアニメ製作に本格参入しているが、これまでこの分野で日本と米国の連携はあまりなかった。
 しかし2015年に米国のウェブアニメ『RWBY』を、日本法人のアニメ部門が配給。さらに今回もグループの有力コンテンツであるバッットマンを日本の制作チームでアニメ化するなど国境を越えた動きが強まっている。今後同社がさらにグローバルな展開も期待される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る