WIT STUDIO制作「異世界スーサイド・スクワッド」、ワーナーオリジナルアニメがYouTubeで展開

「異世界スーサイド・スクワッド」

 ネット配信をベースに展開するアニメシリーズは今では珍しくないが、それでも2023年12月1日に配信する『異世界スーサイド・スクワッド』は事件だろう。米国の大手エンタメ企業ワーナーブラザース・ディスカバリーの日本法人であるワーナー ブラザース ジャパンが企画した新作オリジナル作品が、YouTube配信で展開する。
 同社が持つYouTubeチャンネル「Warner Bros. Japan Anime 」にて、12月1日19時からのWEB番組「Suicide Squad ISEKAI Reveal Stream」で配信する。長さは10分程度になる予定だ。

 『異世界スーサイド・スクワッド』は、コミックレーベルDCの人気シリーズのひとつ「スーサイド・スクワッド」をベースにしている。DCの敵役を中心に組まれたチームを主人公にしており、ハーレイ・クインやジョーカーといったキャラクターたちが登場する。本作では彼らが異世界で大暴れをするという。DCの世界観と日本アニメらしさが融合したような作になりそうだ。
 キャラクターデザイン原案には、『家庭教師ヒットマンREBORN![』などのマンガ家・天野明を起用、アニメーション制作は『SPY×FAMILY』、『王様ランキング』のWIT STUDIOと気合のはいった布陣となっている。監督には長田絵里を起用した。番組ナレーションは子安武人が担当する。

 ワーナーブラザース・ジャパンでは、これまでにもDCの人気タイトルを原作に『ニンジャバットマン』も制作している。今後の自社アニメを企画・開発するなかで、本国の有力タイトルの活用は鍵になるかもしれない。
 一方で、ワーナーが展開するグローバル配信プラットフォーム「Max」(旧HBO Max)は、日本では展開されていない。今回はYouTubeチャンネルでとなったが、今後、大きな作品がでた時に、どのようなかたちで配信展開するのかも、気になるところだ。

『Suicide Squad ISEKAI Reveal Stream』
「異世界スーサイド・スクワッド」
2023年12月1日(金)19時より Warner Bros. Japan Anime YouTubeチャンネル配信
https://www.youtube.com/channel/UCcjqSFXBg2cGQg5r0YooMiA

監督: 長田絵里
シリーズ構成・脚本:長月達平、梅原英司
キャラクターデザイン原案: 天野明
キャラクターデザイン: 細田直人
音楽: 末廣健一郎
アニメーション制作: WIT STUDIO
プロデュース: Warner Bros. Japan

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る