アヌシー映画祭と国際見本市MIFA、日本で紹介セミナー開催 ディレクターが来日

アヌシー国際アニメーション映画祭

 アヌシー国際アニメーション映画祭(Festival International du Film d’Animation d’Annecy)とその併設国際見本市MIFAが、2017年10月30日に、東京・六本木でイベントの紹介セミナーを開催することになった。
 映画祭を統括するディレクターのマルセル・ジャン氏とMIFAのトップであるミカエル・マラン氏が来日し、現在世界で最も重要なアニメーションイベントとされるアヌシーとMIFAについて語る。当日はさらに映画祭への参加や出展の具体的な方法も説明される。

 セミナーは期間中開催されている第30回東京国際映画祭と連携するプロジェクトで、日本コンテンツの海外展開を支援するJ-LOP4の事務局が主催する。国際映画祭と日本の企業・団体を結びつけることで国内アニメーション産業の振興を目指す。
 映画祭やMIFAへの参加、出展を検討する関係者などを対象とする。参加費用は無料だが先着150名で、ネットから申し込む。

 アヌシー映画祭は、1960年にカンヌ映画祭のアニメーション部門が独立するかたちで設立。世界最大、そして最も古いアニメーション映画祭として広く知られている。日本ではこの夏、そのコンペティション部門で湯浅政明監督の『夜明けを告げるルーのうた』が日本作品から22年ぶりに長編部門グランプリ(クリスタル賞)を受賞したことが話題を読んだ。

 しかしアヌシーへの関心の高まりは、日本だけの話ではない。近年、世界のアニメーションシーンでも急激に存在感が高めている。それは歴史や規模でなく、様々な点で世界のアニメーションシーンに大きな影響を与えているためだ。
 映画祭の伝統的なコンペティション、作品の特集上映に加えて、ビジネス、テクノロジー、人材・リクルート、教育と様々な領域をカバーし世界をリードする。とりわけビジネスはMIFAを中心に企業のビジネス交渉・情報交換の場、企画のプレゼンテーションなどで役割が拡大している。世界のアニメーションビジネスの最新動向を得る場所として活用されている。

 今回来日するひとりで運営団体CITIAのアーティスティックディレクターのマルセル・ジャン氏は、2012年に映画祭のトップに就任。映画祭の大胆な展開を指揮してきた。映画祭の戦略についても貴重な話が聞けそうだ。

「アヌシー国際アニメーション映画祭」紹介セミナー
https://www.vipo.or.jp/news/14592/
日時: 2017年10月30日(月) 13:00〜14:45
会場: 六本木アカデミーヒルズ49 オーディトリアム
主催: J-LOP4補助金事務局(特定非営利活動法人映像産業振興機構[VIPO])
参加料: 無料
定員: 150名 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る