アヌシー映画祭/国際見本市デジタル版、1万5000人参加で閉幕

アヌシー国際アニメーション映画祭/国際見本市MIFA

 新型コロナ感染症の世界的な拡大を受けて、アヌシー国際アニメーション映画祭/国際見本市MIFAが6月15日から30日まで2週間オンラインイベントとして開催された。初のデジタル映画祭・見本市となったが、有料となる期間中の映画祭登録者数は1万5570人にもなった。参加者は世界111ヵ国からに及び、例年のリアルイベントにも匹敵する規模だ。
 全体登録者のうちおよそ1/4にあたる4130人は、企画ピッチや番組販売、ビジネスカンファレンスにも参加できるMIFにも登録している。映画祭の登録は15ユーロ(約1700円)、MIFAは110ユーロ(約13000円)の料金が必要であることを考えれば、こちらも上々の成果だ。

 オンライン版の成功の理由は、豊富なプログラムにあるだろう。オンライン配信という制約上、全編を紹介できない長編映画はあったものの期間中は200以上の作品が配信され、32のミーティングイベント、40のMIFA企画が実施された。映画祭/見本市のかなりの機能をオンラインに移行した。
 ビデオの延べ視聴回数は14万3000回に達した。オンラインを通じてビジネスミーティングも活発だった。従来はフランス・アヌシー市に来られなかった人たちの取り込みも成功した。

 2020年はオンラインでの開催となったが、2021年はアヌシー市、現地での開催を目指す。開催日程も発表されている。2021年6月14日から19日まで6日間を予定する。2012年の目玉は、今年予定されながら、2021年に持ちこされた映画祭60周年記念になる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る