東京アニメアワードフェス いよいよ始まる 映画祭マップをオンライン配布

東京アニメアワードフェスティバル2017

 2017年から会場を池袋に移した国際映画祭「東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)」が、いよいよ3月10日からスタートする。13日までの4日間、国内外の人気作から滅多に見られない注目作まで、多彩なラインナップが並んだ。
 また会場は池袋の街中で同時進行することから、分かり易い、池袋会場の全スケジュールと会場を記載したマップを作成。オンラインで配布を開始した。
 目玉となるのは、長編・短編それぞれのコンペティション、そして2016年のアニメ・オブ・ザ・イヤーの受賞作品である。海外の注目作品と、アニメ・オブ・ザ・イヤーの受賞作『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、映画『聲の形』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』、『ユーリ!!! on ICE』が並ぶのがTAAFならだ。

 また映画祭だけの特別な企画も見逃せない。『ユーリ!!! on ICE』では、第1話~第3話のビデオコメントがあるとのこと。誰のコメントかは観てのお楽しみだが期待していいだろう。
 11日、12日に上映されるコンペティション部門長編4作品に第一次審査を担当したアニメーター・演出の沖浦啓之氏、電通のプロデューサー斎藤朋之氏、アニメーション研究の横田正夫氏が登壇する。

 招待作品、企画プログラムも豪華だ。神山健治監督の作品を集めた「神山祭 in TAAF 2017」は監督の傑作が続々と登場、神山健治監督とプロダクション I.Gの石川光久社長が登壇予定。
 「ノルシュテインを蘇らせた男たち」では、デジタル・リマスターを担当したエンジニアのオノセイゲン、IMAGICA TV修復ディレクターの山下泰司氏、そしてアニメーション作家の山村浩二氏が登壇する。作品の魅力とリマスターの意義を語る。「松本零士特別上映会」では、スクリーンで観る機会はほとんどない『インターステラ5555』の上映と松本零士氏のトークを予定する。

 トークイベントでは、「アニメーション大国の誕生~アニメーションが“アニメ”になった時代」では、映像と共に70年代アニメを振り返る。日本テレビ プロデューサーの高橋望氏、ボンズ代表取締役の南雅彦氏がゲストになる。
 国際交流パネルは「日本のアニメーション教育を多様化することを考える」と「日本のアニメーション業界の多様性(ダイバーシティ)を考える」の2プログラム。このほかにも「イランアニメーション —中東の風—」、「Education of Gobelins ―フランス屈指のアニメーション学校・ゴブラン校の教育―」、「ノルディックスペシャル-北欧のアニメーション-」と国際色豊かだ。

東京アニメアワードフェスティバル2017
https://animefestival.jp/ja/
プログラム
https://animefestival.jp/screen/all/
フェスティバルマップ
http://animefestival.jp/ja/post/6437/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  2. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  3. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
ページ上部へ戻る