「サマーウォーズ」が常夏のタイにお出掛け 現地アニメイトで初の海外展示会


 2009年公開の細田守監督『サマーウォーズ』が、公開から8年経つが色褪せない人気を保っている。人気というよりも、すでにスタンダートなアニメ映画の傑作と言っていいだろう。8月18日には、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で放送も予定され、暑い夏を盛り上げる。
 そんな人気は日本のみならず海外でも同じようだ。アニメイトの海外旗艦店として注目されているバンコク店で、『サマーウォーズ』のイベントが開催される。8年も前に公開された映画としては、異例の扱いだ。

 イベントは2017年9月9日と10日の2日間、市内中心部の大型商業施設Mahboonkruong Center(MBK)で実施される。7階のアニメイト バンコク店では、『サマーウォーズ』の原画や背景、キャラクター設定、コンテを展示する。
 同作のこうした資料が海外にでるのは初になる。タイのアニメファンが日本の劇場映画の資料に接する貴重な機会になるだろう。

 またMBKの同フロワーにあるシネマコンプレックスで、本編を無料上映する。こちらもビッグなプレゼントになる。アニメイト バンコク店では、「過去にタイで上映された日本のアニメーション作品の中でひときわ人気があった「サマーウォーズ」を今回再上映することにより、 タイのアニメファンの皆様に楽しんで頂くと同時に日本のアニメーションの素晴らしさに触れて頂きたいと思い、この度の上映を企画させて頂きました」としている。
 さらに上映後は、『サマーウォーズ』を初めとする細田守作品のプロデュースを務めるスタジオ地図の齋藤優一郎プロデューサーのトークイベントも行われる。2日間だけではもったいない充実の内容だ。

 タイは東南アジアの中でも、とりわけ日本アニメへの注目が高い国として知られている。アニメイト バンコク店は、2016年にアニメイト、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館が出資する株式会社ジャパンマンガアライアンスのタイ現地法人アニメイトJMAが設立した。
 これまでも数々のアニメ、マンガのイベントを仕掛けてきたが、9日、10日は、MBKでは日本のマンガ、アニメをアピールするイベント「ANICO」が開催される。『サマーウォーズ』は、そうしたイベントを盛り上げる役割も担う。

『サマーウォーズ』 タイ イベント
2017年9月9日(土)、10日(日)
開催場所:アニメイト バンコク店(animate Bangkok store) Mahboonkruong Center(MBK)7階
[イベント]
上映(無料)14:00~16:00 (MBK映画館)
[トークイベント] 
16:30~17:30 (MBK5階 ※ANICO会場)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る