湯浅政明監督再びグランプリ 「夜は短し歩けよ乙女」がオタワ国際アニメーション映画祭で

オタワ国際アニメーション映画祭

 アニメ監督の湯浅政明が6月のアヌシーに続き、再び国際舞台で大きな賞を手にした。9月20日から24日まで開催されているオタワ国際アニメーション映画祭は、イベントの目玉であるコンペティション部門の各賞を発表。湯浅政明監督の『夜は短し歩けよ乙女』が長編アニメーション部門のグランプリに輝いた。
 オタワには『夜は短し歩けよ乙女』と『夜明け告げるルーのうた』、湯浅監督作品が2本同時出品されていた。このうち『夜は短し歩けよ乙女』がグランプリを受賞した。

 オタワ国際アニメーション映画祭はカナダ映画協会(CFI)が主催し、世界四大アニメーション映画祭のひとつとして知られる。1976年にスタートし、歴史の長い映画祭のひとつである。
 湯浅監督は、今年6月にフランスで開催されたアヌシー国際アニメーション映画祭で『夜明け告げるルーのうた』で長編部門のクリスタル賞(グランプリ)を獲得したばかりである。同じ年に異なる作品で、世界四大アニメーション映画祭のグランプリを相次いで受賞する快挙となった。
 湯浅作品は、10月にロサンゼルスで開催される ANIMATION IS FILM映画祭、スペインのシッチェス・カタロニア映画祭でも『夜は短し歩けよ乙女』と『夜明け告げるルーのうた』がダブルノミネートされている。今後のさらなる活躍も期待される。

 『夜は短し歩けよ乙女』は、作家・森見登美彦の小説を劇場アニメ化した。脚本を劇団ヨーロッパ企画の上田誠、キャラクター原案はイラストレーターの中村佑介と当代の人気クリエイターが制作に参加する。アニメーション制作は『夜明け告げるルーのうた』と同様で、湯浅監督自身のアニメスタジオであるサイエンスSARUである。
 人魚との出会いをきっかけに成長する少年を描いた『夜明け告げるルーのうた』に対して、『夜は短し歩けよ乙女』はアバンギャルドでエッジの効いた演出が魅力。ファッションイラストのようなキャラクターが奇想天外な恋愛ストーリーを繰り広げる。
 オタワの審査委員は、「マニアックな傑作、最初から最後まで予想がつかず興奮させられる」、「独創的で魅力的な映画は、アニメーションのストーリーテーリングを別の次元に引き上げた」と称賛する。

 日本からはこのほか、子ども向けアニメーション部門で宮澤真理の『こにぎりくん』が特別賞のひとつに挙げられている。同作はキャラクターを食べ物で表現したストップモーションで国際的に注目を浴びている。
 短篇部門グランプリ(Nelvana Grand Prize for Independent Short Animation)にはロシア出身でドイツで活動を続けるNikita Diakurの『UGLY』が受賞した。また長編部門特別賞(Honourable Mention)は、米国のClyde Petersonの『TORREY PINES』が決まった。

オタワ国際アニメーション映画祭
The Ottawa International Animation Festival
http://www.animationfestival.ca/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る