10月スタート「Dies irae」 12話までTV放送、13話~18話は配信限定

アニメ『Dies irae』

 この10月よりテレビ放送、配信がスタートする新作アニメ『Dies irae』が、これまでと違った変則的なリリースをすることが分かった。シリーズを全18話で構成、第1話から12話まではテレビ放送と配信で、13話以降18話までは配信のみでの展開となる。
 テレビ放送は2017年10月6日(金)25時5分からのTOKYO MXが最速になるが、配信でもAbemaTV の新作TVアニメchで同時刻からスタートする。全国どこでも、最も早く番組を観るチャンスがある。その後はテレビではBS11、AT-X、配信ではdアニメストア、Amazonプライム・ビデオ、DMM.com、U-NEXT、アニメ放題、ニコニコ動画を予定している。幅広い視聴の獲得を目指す。

 テレビアニメでは4半期ごとを基準に1クール(12話~13話)、あるいは2クール(24話~26話)で構成されることが多い。しかし『Dies irae』は、それを全18話とあまりない長さにした。その長さを実現したのが、テレビ放送と配信を組み合わせたリリース形態である。
 近年、映像配信プラットフォームによるオリジナルアニメ製作が注目をされている。しかし、配信限定のオリジナルタイトルは、テレビ番組に較べて広い認知度の獲得が難しい。それは新作アニメが目指す映像ソフトやキャラクターグッズの販売、イベントや音楽などの展開を縮小させてしまう。このため現在でも多くのアニメは、まずテレビ放送と配信を組み合わせる。

 しかし『Dies irae』では、前半の2/3とすることでテレビアニメとしての知名度と話題性が獲得できる。残り1/3は配信のみで視聴者を引き継ぐ。
 これによりテレビ放送のための放送枠を維持するスポンサー費用が不要になる。さらにウェブ独占コンテンツになることで、配信会社にとっては通常以上に魅力的な作品になるだろう。特に最速配信独占となるAbemaTVにもメリットも大きい。

 『Dies irae』はゲームメーカlightが2007年に発売した人気タイトル『Dies irae -Also sprach Zarathustra-』をアニメ化した。
 2017年にアニメ化に向けたプロジェクトのクラウドファンデイングを実施したところ、当時で国内クラウドファンディング最高額となる9656万円を集めた。高い人気を背景にアニメ企画は、テレビアニメシリーズとより大きなプロジェクトにつながった。

テレビアニメ『Dies irae』
http://diesirae-anime.com/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  2. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
  3. 鵜飼恵輔氏
     2019年5月24日に全国195館規模で公開をスタートした劇場アニメ『プロメア』が、大きな話題を呼…
ページ上部へ戻る