Cygamesと東宝も手を組む「ウマ娘」P.A.WORKS制作でアニメ化

『ウマ娘 プリティーダービー』

 アニメビジネスで躍進する企業が、新作アニメ企画でタッグを組む。2017年9月9日、ゲーム会社のCygamesと映画大手の東宝、それに音楽会社のランティスが、アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』のプロジェクトを発表した。
『ウマ娘』は超人的な走力を持つ人気アイドル“ウマ娘”がいる世界を描いた作品で、2016年3月のAnimeJapan 2016でCygamesがプロジェクト発表をした。これが大きな反響を呼び、その後マンガ化され、ゲーム化も決定するなどメディアミックスが着々進んでいる。

 プロジェクト発表がAnimeJapan 2016だったこともあり、早くからアニメ化を視野に入れていると見られていた。待望のアニメ化決定である。
 今回の発表のサプライズは、ビジネスの取り組みの大きさだ。近年、TOHO animationのブランドで映画、テレビのアニメ製作に積極的に参加する東宝、そしてアニメ音楽大手のランティスが参加。これにアニメ事業部やアニメプロダクションの設立するCygamesとでプロジェクトを進める。Cygamesと東宝、アニメビジネスの新興有力企業が手を握るのが注目だ。

 アニメは2018年始動と少し先になるが、ゲーム版のリリースを同年に予定をしている。さらにランティスからは、9日に公開されたPVで使用された楽曲『ENDLESS DREAM!!』を収録するシングルCDが早速11月22日に発売される。アイドルアニメとしての音楽展開も目指す。
 ゲームや二次元アイドルと音楽、現在のアニメビジネスのヒット要素を積極的に取り入れる。2018年の有力作品として注目を集めそうだ。

 さらにアニメーション制作がP.A.WORKSであることも、ファンから人気を集めそうだ。P.A.WORKSは『有頂天家族』や『花咲くいろは』、『SHIROBAKO』などのヒット作でお馴染みで、丁寧な作品づくりに定評がある。ここからもプロジェクトに力をいれる様子が伝わる。
 監督は『この美術部には問題がある!』の及川啓、キャラクターデザイン・総作画監督に椛島洋介、シリーズ構成は『刀剣乱舞-花丸-』の杉浦理史とCygamesから石原章弘も加わる。

テレビアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』
https://umamusume.jp/anime/
監督: 及川啓 
キャラクターデザイン・総作画監督: 椛島洋介 
シリーズ構成: 石原章弘(Cygames)、杉浦理史 
アニメーション制作: P.A.WORKS

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る