日比谷地区に16スクリーン、日劇閉館 TOHOシネマズ 都内劇場再編進む

映画ビジネスのニュース

 国内第2位のスクリーン数を持つ映画興行チェーンTOHOシネマズの都内劇場再編が急激に進んでいる。2017年8月31日、TOHOシネマズは東京千代田区有楽町のTOHOシネマズ日劇を2018年2月をもって閉館すると発表した。
 TOHOシネマズ日劇は、1933年に設立された日本劇場に源流がある国内を代表する大型映画館。設立当初は独立した劇場で、再開発により1983年からは有楽町ビルに収容される3劇場(2136席)体制となった。閉館決定で、伝統のある「日劇」の名称も幕を閉じる。

 今回の決定は、2018年に近隣の千代田区日比谷にTOHOシネマズ日比谷をオープンするのに合わせた。TOHOシネマズ日比谷は新たに約2300席11スクリーンを新設、さらに隣接するスカラ座とみゆき座を統合した13スクリーン体制となる。
 新設スクリーンの座席数は日劇の約2100席とほぼ近い約2300席だが、スクリーン数は3から11に増える。客席数の多い大型劇場から、様々なサイズの劇場を多く用意するかたちだ。13スクリーンのシネコンとして一体運営することで、観客のニーズに応じた多様な作品を臨機応変に提供する。

 日劇閉館の一方で、当初閉館予定とされてきたTOHOシネマズ シャンテの閉館が撤回された。シャンテは3スクリーン約600席と日劇に較べると劇場のサイズは小ぶりである。またTOHOシネマズ日比谷の正面に位置することから、今回の再編で東宝は日比谷地区に16スクリーン約3600席を持つことになる。都内最大規模の施設となる。
 シャンテは国内外のインディペンデント作品、アート作品を得意としてきた。作品の多様性を与えることで、TOHOシネマズ日比谷を補完する劇場としての役割を期待されそうだ。

 TOHOシネマズは、近年、都内の劇場興行の台風の目となっている。2014年には9スクリーンのTOHOシネマズ日本橋、15年に12スクリーンTOHOシネマズ新宿を相次いでオープンした。さらに本年秋に上野、18年に日比谷、20年には池袋で大型シネコンの開設を予定する。
 積極的な新規開業の一方で、2015年2月にTOHOシネマズ 有楽座、17年2月にお台場のシネマメディアージュを閉館している。劇場の再編でより効率のよい体制を目指していることが窺われる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る