米国アニメイベントOTAKONの来場者2万4894人 ワシントンD.C.移転も15%減で伸び悩み

企業ニュース

 北米の日本アニメのイベントOTAKONが、今年の夏の来場者数を明らかにした。2017年は8月10日から12日までの3日間、ワシントンD.C.のコンベンションセンターで開催され、期間中実数(ユニーク来場者数)で2万4894人となった。延べ人数では6万人から7万人規模と推定される。
 OTAKONは1994年に、日本のアニメやマンガ文化のファンイベントとしてスタート。毎年ロサンゼルスで開催されるAnime Expoと共に、日本アニメの2大イベントとして知られる。今年はアニソンアーティストが多数参加した大型ライブ「アニソンワールド祭り」が目玉になったほか、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の京田知己総監督やアニメーターの松原秀典氏らアニメスタッフなどのゲストも多く招かれた。
 
 OTAKONは数万人規模のファンを集める大型イベントとして2017年も存在感を発揮した。しかし、集客の面では苦戦している。
 来場者数2万4894人は、前年の2万9113人から15%程度と二桁の減少である。2013年には3万4000人を超えていただけに厳しい結果である。
 一方、同じ夏にロサンゼルスで開催されたAnime Expoは過去最高の10万7658万人(延べ35万7178人)を記録している。かつては来場者数でAnimeExpoを上回ったこともあるだけに、ライバルイベントに大きく引き離されたかたちだ。
 OTAKONは1999年から2016年まで、ワシントンD.C.にも近いボルチモアのコンベンションセンターを会場としてきが、来場者の増加に対応できないことから今年からワシントンD.C.に移転している。しかし、長年お馴染みの会場でなくなったことから、来場者の一部が離れた可能性もありそうだ。

 アニメイベントの来場者数は、北米における日本アニメ・マンガ人気の指標としてしばしば用いられる。主要イベントの来場者数減少は、業界関係者にとっても気になるところだろう。会場移転2年目となる18年の動向が関心を集めそうだ。
 2018年のOTAKONは、17年と同様ワシントンD.C.コンベンションセンターで、8月10日から12日まで3日間、開催される。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る